スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老犬の運動と介護とは その②


介護の基本は、いたわり・気配りという愛情、

清潔、安心です。床ずれが置きないようにする

トイレの補助をする(おむつなど)

お漏らししてもやさしく清潔においを溜めないように

換気をするからだを定期的に拭く日光浴を

させる安心明るく声を掛けてあげる散歩する(あるいは補助する)

食事をさせる(台に載せて高くしたり、口まで運ぶなどの補助する)

留守は極力少なくする介護は大変な負担が伴います。

犬も体力が落ちてきたことを自覚するようです。

犬の様子にも注意しましょう。







スポンサーサイト
Category: 犬の健康

犬の寿命について その③

犬の祖先が、

中型のオオカミ、ジャッカルといわれますが、

やはり、この体重クラスです。

犬は人の4~7倍の早さで歳をとるといわれています。


また犬同士が公園や広場で、

仲良くしている姿を見かけますが、

昔は、ジステンパーという伝染病がありました。

昔は、狂犬病がありました。


ワクチンを受けている飼い犬なら良いのですが

野良犬に噛まれたとなると

大騒ぎでした。それほど身近でしたね。

野外で飼っていた時代は、

蚊の媒介による白い細長い寄生虫が、

たくさん心臓に詰まって死亡すること
が多かったです。











Category: 犬の健康

犬の寿命について その①


小型の犬は、生後1年で人間の15歳、

2年で24歳、5年で36歳、

7歳で44歳位になりますね。


何と言ってもフィラリアです。
でもデータ上は、大型犬ほど、短命です。

犬の体重は、相当種類によって幅があります。

どこかで犬が発病すると、

あっという間に広まり

致死率が高かったように記憶しています。

獣医もこれらの病気には、

ほとんどなすすべがなかったです。

科学、医療の発達により

現代は長生きになりました。

人間は体重だけで判断すると

30歳以下の寿命だそうです。








Category: 犬の健康

犬の食・おしっこ・うんちの変化について その①


早期発見が大事

食の変化・好きなものを残したり

食が細くなる・食欲が異常に増える肥満になる

食べるスピードが遅くなるかたいものが

食べにくそうになった味や臭いの

薄いものに興味をしめさなくなる

ドッグフードはやらかくしてね

注意したい食の変化

歯が臭う、グラグラする

食べたものを吐く食べようとしていたが、

思うように食べられない

急に食べなくなる

食べても食べても催促する

食べるわりに痩せている

食がよいけれど消化不良が多い











Category: 犬の健康

犬の急性胃炎・慢性胃炎 その②


毒性のあるものの場合、

生命の危険があります。

内視鏡で胃の内部を見ると原因が判ります。

食欲や体重が減少したりもします。

原因も様々です。

ひどいと出血、

脱水症状で命の危険があります。

慢性胃炎たまに気が付くと

よく吐いているなどの症状が出ます。


急性胃炎胃の粘膜に炎症が

起きてしまう病気です。

これは胃の粘膜に慢性的な

炎症や異常が見られる病気です。

腫瘍は外科手術がありますが、

それ以外では、薬などが多いです。









Category: 犬の健康
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。