FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の溶血性貧血について 2


症状が重い場合には、輸血が必要になりますが、

犬の場合は人と違い、血液型が合致した血液が

用意されることは非常に少ないです。

急激に大量に赤血球が

不足してしまうがために貧血が起こります。

いきなり元気がな九なり、運動を嫌がり、

食欲不振、嘔吐などの症状が出ます。

自分の免疫機能が、自分自身の

赤血球に攻撃をしてしまう病気です。

溶血とは体内の赤血球が壊れて

溶けてしまうことを言います。

軽い場合は改善されます。

赤血球が足りなくなって、

貧血が起こります。














スポンサーサイト
Category: 犬の健康

犬の溶血性貧血について 1


貧血が重いケースでは、呼吸困難が起こります。

原因が判らないだけに貧血の

改善が出来ないことも多くあります。

自己免疫性溶血性貧血は、

症状が急に現れることが多いです。

貧血の度合いや黄疸の程度を調べる必要があります。

貧血が起きるとそれに関連する症状が起きます。

目の結膜や朱肉の色が白色に変化したり、

黄疸が出たり、尿に血液が混じったりします。

免疫の異常の病気ですが、

身体の中に赤血球に対する抗体ができて、

それを破壊してしまいます。原因は判っていません。

治療方法としては普通は内科療法を行います。

治療の前には必ず血液検査を行います。











Category: 犬の健康

犬の先天性心臓病とは その2


症状が軽い場合には薬や食事などの治療になります。

心室中隔欠損症心臓の右心室と左心室の間の壁に

穴や隙間が空いている病気です。

フィラリアに感染すると重篤になりますので

予防に注意する必要があります。

症状が軽い場合は、

気が付かないケースがほとんどです。

小さいものは症状が出ないことがあります。

先天性心臓病先天性の心臓病を持つ犬は多くはありません。

治療は手術になりますが、

犬の健康状態や年齢などで手術のリスクは高くなります。






Category: 犬の健康

犬の先天性心臓病とは その1


そのために、対症療法や内科療法なども行なわれます。

動脈管開存症本来閉じるはずの動脈が閉じない病気です。

呼吸困難や腹水、四肢のむくみなど、

心臓病特有の症状が出ます。

肺に負担がかかるので呼吸器系の

病気にもなりやすいです。

肺動脈狭窄症肺動脈の根本が狭いので、

心臓の肥大や肺の血圧低下などが起きる病気です。

軽いときは気がつかないケースがありますが

、聴診によって心雑音が聞かれることで発見されることも多いです。

大きくなると呼吸困難や疲れやすさなどが出てきます。

無症状であれば、治療を行う必要はありません。

一生涯、無症状で過ごす犬もいますが、

重い場合には、命にかかわります。

心房中隔欠損症心臓の右心房と

左心房の間に穴が開いている病気です。










Category: 犬の健康

犬のアジソン病(副腎皮質機能低下症)とは 2


一般的には、鉱質コルチコイド製薬を与えます。

クッシング病や糖尿病に比べると発生率は低いですが、

発生すると糖尿病やクッシング病と同じように

完治は難しい病気ですので、病院と飼い主が

一緒に根気よく治療しなければなりません。

また血液中の電解質を検査して、

ナトリウムとカリウムの比率を調べます。

またステロイド約の投与を急にやめた場合や

クッシング病の治療の薬の投与などが

原因になることもあります。

アジソン病の症状としましては、

元気がなくなる、体重が減る、食欲が減退する、

嘔吐する、何となく気分が良くないなどです。

なかなか気が付かずに急激に症状が現れる場合も多く、

重い場合は命の危険があります。

また一生涯、副腎皮質から分泌されるホルモンと

似たような薬を投与します。完治が難しい病気ですので、

根気強く治療をしていきます。

アジソン病は、

クッシング病とは反対の病気になります。

副腎皮質ホルモン刺激検査なども行なわれます。





Category: 犬の健康
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。