スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の食・おしっこ・うんちの変化について その①


早期発見が大事

食の変化・好きなものを残したり

食が細くなる・食欲が異常に増える肥満になる

食べるスピードが遅くなるかたいものが

食べにくそうになった味や臭いの

薄いものに興味をしめさなくなる

ドッグフードはやらかくしてね

注意したい食の変化

歯が臭う、グラグラする

食べたものを吐く食べようとしていたが、

思うように食べられない

急に食べなくなる

食べても食べても催促する

食べるわりに痩せている

食がよいけれど消化不良が多い











スポンサーサイト
Category: 犬の健康

犬の肥満症対策は その2


人間とともに生活している犬は運動不足になり、

食物も多く与えるので、体内のエネルギーの消費も少なく、

摂取カロリーは増えるので肥満になります。

早く、たくさん食べるのが、犬 この習性が
現在もあります。

特に老犬〈シニアドッグ〉は、

運動量が減ってきますので、

太りやすくなります。足の関節を痛める。

特に見た目でやせていると

思っていても肥満だというケースは

非常に多くありますので、動物病院で見てもらうのが

一番よいでしょう。肉食動物は、

常に、狩りが上手くいくとは限りません。

かたよる食事で、がんにもなりやすい。

毎日運動を適切に行なって、
食事の量をきちんと管理していけば、

肥満の防止はできます。

糖尿病になる。

やせ過ぎは早期発見につながります。

血圧が高くなる。








Category: 犬の健康

犬の僧帽弁閉鎖不全症とは 1


進行すると咳が重くなり、呼吸困難になります。

最初のうちは症状が出ませんが、次第に咳が出たり、

運動をしなくなったり、元気も出ず、食欲も落ちてきます。

心臓の僧帽弁が良く閉まらない病気です。

X線や心電図や超音波なども使って検査します。

食事は塩分を控えることが重要です。

病気が重くなると一晩中せきが

止まらないこともあります。

でも、専門医の指導を受けて、

食事や運動に気をつければ、内科療法で

長生きは可能です。完治は難しいです

心音を聴診して僧帽弁の閉鎖不全の心雑音を

確認することが出来ます。

治療方法は、強心剤、利尿剤などの内科療法が主体です。

心臓だけでなく肺にも影響を与えてしまいます。







Category: 犬の健康

犬の心不全について 2


せきは最初、軽く、

運動時にだけ出るものが、

徐々に安静時にも出るようになり、

ひどいと1日中、せきをしているケースがあります。

先天的な異常や症状悪化の場合、

生命の危機になります。

心臓の弁の異常や周りの血管の異常、

心臓の筋肉の異常などが一般的ですが、

犬の場合、寄生虫のフィラリア症が

原因となることも多くあります。

病気の原因の治療をしながら、

静かに生活させることで、薬は必要になリますが、

長期間、安定した生活を送ることもできます。

呼吸困難はさまざまで、

運動時だけ出る軽いものも多くあります。

心不全はその時に関係しているほかの

病気や種類、症状などによっても異なります










Category: 犬の健康

犬のクッシング病とは 2


治療には副腎皮質の働きを弱める薬を

長期間投与する必要があります。

老齢になるとクッシング病になりやすいです。

がんやアレルギー、免疫不全などの病気の

治療をしているときに、

食欲が異常に高くなったり、水を多量に飲む場合には、

クッシング病の初期と考える必要があります。

脳下垂体の前葉や中葉に腫瘍ができて、それにより、

副腎皮質刺激ホルモンが過剰に作られます。

また腹が膨れ上がったり、毛が乾いたり、

身体の両側が同じように脱毛したりもします。

また副腎に腫瘍ができたり、ステロイド系の

薬物の長期間、多量に投与された場合にも発生します。

まず水を異常に飲むようになります。

特にがんやアレルギーなどにはステロイドを

長く治療する場合がありますので、その病気を

治療するための治療が、クッシング病になる原因もあります。

ストレスや肥満の犬に多く見受けられます。












Category: 犬の健康
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。