スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老犬の運動と介護とは その②


介護の基本は、いたわり・気配りという愛情、

清潔、安心です。床ずれが置きないようにする

トイレの補助をする(おむつなど)

お漏らししてもやさしく清潔においを溜めないように

換気をするからだを定期的に拭く日光浴を

させる安心明るく声を掛けてあげる散歩する(あるいは補助する)

食事をさせる(台に載せて高くしたり、口まで運ぶなどの補助する)

留守は極力少なくする介護は大変な負担が伴います。

犬も体力が落ちてきたことを自覚するようです。

犬の様子にも注意しましょう。







スポンサーサイト
Category: 犬の健康

犬の寿命について その③

犬の祖先が、

中型のオオカミ、ジャッカルといわれますが、

やはり、この体重クラスです。

犬は人の4~7倍の早さで歳をとるといわれています。


また犬同士が公園や広場で、

仲良くしている姿を見かけますが、

昔は、ジステンパーという伝染病がありました。

昔は、狂犬病がありました。


ワクチンを受けている飼い犬なら良いのですが

野良犬に噛まれたとなると

大騒ぎでした。それほど身近でしたね。

野外で飼っていた時代は、

蚊の媒介による白い細長い寄生虫が、

たくさん心臓に詰まって死亡すること
が多かったです。











Category: 犬の健康

犬の僧帽弁閉鎖不全症とは 1


進行すると咳が重くなり、呼吸困難になります。

最初のうちは症状が出ませんが、次第に咳が出たり、

運動をしなくなったり、元気も出ず、食欲も落ちてきます。

心臓の僧帽弁が良く閉まらない病気です。

X線や心電図や超音波なども使って検査します。

食事は塩分を控えることが重要です。

病気が重くなると一晩中せきが

止まらないこともあります。

でも、専門医の指導を受けて、

食事や運動に気をつければ、内科療法で

長生きは可能です。完治は難しいです

心音を聴診して僧帽弁の閉鎖不全の心雑音を

確認することが出来ます。

治療方法は、強心剤、利尿剤などの内科療法が主体です。

心臓だけでなく肺にも影響を与えてしまいます。







Category: 犬の健康

犬の心不全について 2


せきは最初、軽く、

運動時にだけ出るものが、

徐々に安静時にも出るようになり、

ひどいと1日中、せきをしているケースがあります。

先天的な異常や症状悪化の場合、

生命の危機になります。

心臓の弁の異常や周りの血管の異常、

心臓の筋肉の異常などが一般的ですが、

犬の場合、寄生虫のフィラリア症が

原因となることも多くあります。

病気の原因の治療をしながら、

静かに生活させることで、薬は必要になリますが、

長期間、安定した生活を送ることもできます。

呼吸困難はさまざまで、

運動時だけ出る軽いものも多くあります。

心不全はその時に関係しているほかの

病気や種類、症状などによっても異なります










Category: 犬の健康

今や、空前のペットブームと言われています。その2



最近では小型犬の人気が高くて、

マンションなどでも飼えるところが多くなってきました。

マンションなどではペットは飼えない、

というのは昔の常識でしたが、

今はマンションに住む人も多くなってきて、

やはり
ペット可のマンションのほうが入居率も高いようです。

今後もマンションなどの数は増えてくると思うので、

マンションでも犬などのペットと一緒に住むというのが

自然な世の中になってくるかもしれません。

かつては広い庭で大きな犬が走り回っているというのが、

犬がいる家庭の風景でしたが、今はペットといる生活も

多様化してきたということでしょう。

ペットの健康管理や健康維持を

意識してあげることが大切

健康維持のために ぜひ。


こちらをこちらをご覧下さい。




Category: ペット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。