スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の寿命について その④


犬の本来の体重は、中型犬なのかもしれません。

医学の進歩や予防や環境、

飼主の手厚い看護や健康の意識も高く、

ますます高齢化になるでしょう。

また雑種のほうが、長生きです。


中型犬の寿命は、平均12~15歳くらいで、

なかには20歳を超える長寿犬もいるようです

一般的に、動物は体重に比例して長生き出来ます。

小さい動物ほど鼓動も頻繁で、時間の経過も早いです。







スポンサーサイト
Category: 犬の健康

犬の寿命について その③

犬の祖先が、

中型のオオカミ、ジャッカルといわれますが、

やはり、この体重クラスです。

犬は人の4~7倍の早さで歳をとるといわれています。


また犬同士が公園や広場で、

仲良くしている姿を見かけますが、

昔は、ジステンパーという伝染病がありました。

昔は、狂犬病がありました。


ワクチンを受けている飼い犬なら良いのですが

野良犬に噛まれたとなると

大騒ぎでした。それほど身近でしたね。

野外で飼っていた時代は、

蚊の媒介による白い細長い寄生虫が、

たくさん心臓に詰まって死亡すること
が多かったです。











Category: 犬の健康

犬の食・おしっこ・うんちの変化について その②


おしっこ・うんちの変化

たびたびおしっこをしたくなる

おもらしをする

排便のポーズを取るが

なかなかでないトイレ以外の

部屋でも排泄をするようになった

うんちの変化・尿が全然出ない

尿が少ない・臭う

尿が目の前を横切るものに反応しない

排便に血が混ざる

おしっこやうんちが部屋の

あちこちでするようになった。

異常があったらすぐに

病院へ連れていってください。









Category: 犬の健康

犬の急性胃炎・慢性胃炎 その①


吐くのは、辛いです腫瘍によるものなのか、

急性胃炎から慢性胃炎になったのか、

胃潰瘍などかです。水をたくさん飲みながら、

何度も吐くという症状が出ます。

出血している場合、

血液がどのくらいなくなっているのか、

また毒性のあるものならば、

植物か中毒の原因を調べます。

毒性のあるもの、腐ったもの、

異物などで急性胃炎になることが多いです。

体内からどんどん水分が失われてしまいます。

治療は、原因を把握することで、

はかせてよいものか、

吐かせる途中で臓器を

傷つける可能性があるかなどがわかります。








Category: 犬の健康

犬の急性腎炎・慢性腎炎について その2


ひどい場合には、血液中のタンパクの濃度が低くなり、

ネフローゼ、尿毒症を引き起こすことがあります。

脱水症状に対して、水分補給をする意味があり、

血液中の高窒素化合物を取り除くことにもなります。

慢性腎炎慢性腎炎の場合、

あまり症状としては出てきません。

老齢の犬には非常に罹りやすい病気です。

また毒性のあるものに中毒を

起こした場合にも異常が起こります。

痙攣や尿毒症の症状が出てきます。









Category: 犬の健康
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。