スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬が異物を飲む

WS000132.jpg



異物が
奥に入り込んでいるなど、

表面でない場合は、

血管を傷つける恐れがあるので異物を除去せず、

とにかく、早く動物病院へ連れて行ってください。


のどに詰まらせて苦しんでいる場合、

緊急な状態です。




また小骨やとがった物も注意して下さいね。

口の中を見たり、人工呼吸をしたり、

何とか呼吸の確保と異物除去に

努めなければなりません。




胃の中や腸に止まってしまいますと、

危険な状況になり、手術が必要になります。

コインやボタン、
子供の小さなおもちゃなども
飲み込むケースがあります。


意外に多いのが、
ゴムで弾むボールや
ビー玉、ゴルフボールなどを

追いかけて遊んでいたり、
狩猟の習性が出て熱中したり、

不意に飲み込んでしまうときがあります。

犬が異物を飲む犬は自分で遊びを作りますし、

噛んでるつもりが、間違って

飲んでしまうということもありえます。


異物が刺さるなどもあります

意識がある場合は、犬を押さえて、

口を開かせて、異物を探します。


病院では、異物を飲み込んだ場合、

検査をしますが、何を飲んだのかがわかると

処置がしやすいです。

その場合、除去できるようなら

消毒して、ピンセットなどで試みて下さい。



防げることも防げないこともありますが、

飲み込んだり、有害なものはなるべく犬に

届かないところで、

代わりの犬のグッズを購入して遊ばせて下さい。

また食道や胃など臓器に
即ダメージを与える異物があります。


串とか釣り針とか、針などの鋭利なものは、

臓器に刺さってしまいます。

犬は口に入れたものを何となく

飲み込んでしまう習性もあるからです。





ペットの健康管理や健康維持を

意識してあげることが大切

健康維持のためにのもぜひ。

こんなワンちゃんにお勧めのが


スポンサーサイト
Category: 犬のケガ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。