スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬のケガ・事故 で 犬が異物を飲む

WS000144.jpg



奥に入り込んでいるなど、

表面でない場合は、

血管を傷つける恐れがあるので異物を除去せず、

とにかく、早く動物病院へ連れて行ってください。

のどに詰まらせて苦しんでいる場合、

緊急な状態です。

また小骨やとがった物も注意して下さいね。

口の中を見たり、人工呼吸をしたり、

何とか呼吸の確保と異物除去に

努めなければなりません。





ペットの健康管理や健康維持を

意識してあげることが大切

健康維持のために ぜひ。

こんなワンちゃんにお勧めのが


少しでも興味がある方はこちらをご覧下さい。





スポンサーサイト

犬のケガ・事故 で 植物・ハチ・蛇の毒に遭遇 ? 2

WS000147.jpg



動物の死骸などを噛んだりするのも

野生の名残でもあるので、

そこから感染症などになるケースもあります。

特に堆肥などは近寄らせないようにして下さい。


呼吸が速い、動悸、嘔吐、下痢などが起こります。

高いところや普段から行き来が
出来ないところにしてください。


すみやかに回避して下さい。

もちろん犬は、雑草などを食べる習性もありますが。

また散歩などで出くわすことがあるのは、

ハチが多いでしょう。少量のタバコなどでは、

ケロッとしていることもありますが、

そういう場合でもすぐ病院へ連絡して相談して下さい。




ペットの健康管理や健康維持を

意識してあげることが大切

健康維持のためにも ぜひ。

こんなワンちゃんにお勧めのが





犬のケガ・事故 で 植物・ハチ・蛇の毒に遭遇 ?  1

P5240084.jpg


最近は、新聞やニュースでたまに
見ることがありますが、

悪意ある人が毒物を置いておいたり、

与えることもありますので、


日ごろの注意が必要です。

植物で中毒を起こすもので有名なものは、

タマネギです。

植物や何かを食べた場合、

成分などやその情報も必ず伝えてください

すき焼きや天ぷらなどの残りを与えてしまうと

犬が中毒症状を起こすこともあります。


スズメバチなども犬だけでなく、

飼い主にも危険です。

中毒を起こす植物を覚えるのは一番ですが

あまり現実的には難しいと思われます。

トリカブトやタバコやアセビなど

身近にも中毒を起こす植物があります。

また散歩などで、除草剤をまく場合もあります。

案外近くにいますのでこれも注意が必要です。

犬をノーリードで放すと、

場所によっては、毒ヘビなどの危険があります。






ペットの健康管理や健康維持を

意識してあげることが大切

健康維持のためにも ぜひ。

こんなワンちゃんにお勧めのが

犬の事故で薬品の中毒について 2

WS000130_20140905090034d4f.jpg

危険が多いですね日頃から、

犬がいたずらできない場所に保管するとか、

なるべく中毒症状が起きないような商品に

変えるとかで予防ができます。

もし痙攣や呼吸停止など命の危険性があるのであれば

心肺蘇生を行い、気道を確保します。


やはり小さい犬は、
いろいろなものに興味がありますので、


最初のしつけでも薬品中毒の予防になるように、

しつけを訓練することは大切です。

まず動物病院へ電話をして下さい。

毒物を飲んだということでなんでも

吐かせようとすると、

酸・アルカリ・石油性製剤などは嘔吐が原因で

さらに臓器が悪化することもあります。





ペットの健康管理や健康維持を

意識してあげることが大切

健康維持のためにも ぜひ。

こんなワンちゃんにお勧めのが

犬の事故で薬品の中毒について 1

WS000129.jpg

身近にある家庭用の薬品は非常に多いからです。

犬の症状(意識や呼吸)
何を飲んだのか・どのくらい飲んだのか

会社はどこか・成分は何か・処置をしたかどうか

こういう情報を伝えて、指示を受けて、
すぐに病院へ行きましょう

殺虫剤・鉛や金属・灯油・不凍液など車関連の

製剤・防腐剤・殺鼠剤もし間違って飲み込んで

中毒を起こしたら、

とにかく動物病院へ連れて行かなければなりません。

薬品による中毒は家庭内においても起こります。



ペットの健康管理健康維持

意識してあげることが大切

健康維持のために ぜひ。


こんなワンちゃんにお勧めのが

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。