スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老犬の運動と介護とは その③

人間の介護保険要支援日常生活ができるが

虚弱要介護入浴等に困難を伴う要介護自力で

起き上がりが困難要介護食事や排泄にも

介護が必要要介護重度の痴呆などを伴う

要介護最重要の寝たきり残念ながら、

犬に付いては全てが自己負担です。

再チャレンジしても成功しないと、

無理はしなくなります。


こんなときは、

充分に休んで犬の状態を見ながら、

すぐに病院へ行きましょうね。

ペットの健康管理や健康維持を

意識してあげることが大切

健康維持のためにのもぜひ。

こんなワンちゃんにお勧めのが









スポンサーサイト
Category: 犬の健康

老犬の運動と介護とは その②


介護の基本は、いたわり・気配りという愛情、

清潔、安心です。床ずれが置きないようにする

トイレの補助をする(おむつなど)

お漏らししてもやさしく清潔においを溜めないように

換気をするからだを定期的に拭く日光浴を

させる安心明るく声を掛けてあげる散歩する(あるいは補助する)

食事をさせる(台に載せて高くしたり、口まで運ぶなどの補助する)

留守は極力少なくする介護は大変な負担が伴います。

犬も体力が落ちてきたことを自覚するようです。

犬の様子にも注意しましょう。







Category: 犬の健康

老犬の運動と介護とは その①


相談などができるところが少ないので、

精神的な負担もあり、

孤独になっていきます。

特に犬の場合は、おかしい、おかしいと思いながら、

気が付くとかなり痴呆が進んで、

人間でいう要介護4あたりから、

経験もないのに介護スタートという

ケースも多く見受けられます。

苦労というものは、

その人が必ず乗り越えられるレベルしか来ないそうです。

好奇心が減って、自分からUターンしたり、

犬の状態がわかってくると健康にもつながりますね。

くるしそうだ。

たとえば、簡単に飛び越えることが

出来たのが、ある日失敗します。










Category: 犬の健康

犬の寿命について その④


犬の本来の体重は、中型犬なのかもしれません。

医学の進歩や予防や環境、

飼主の手厚い看護や健康の意識も高く、

ますます高齢化になるでしょう。

また雑種のほうが、長生きです。


中型犬の寿命は、平均12~15歳くらいで、

なかには20歳を超える長寿犬もいるようです

一般的に、動物は体重に比例して長生き出来ます。

小さい動物ほど鼓動も頻繁で、時間の経過も早いです。







Category: 犬の健康

犬の寿命について その③

犬の祖先が、

中型のオオカミ、ジャッカルといわれますが、

やはり、この体重クラスです。

犬は人の4~7倍の早さで歳をとるといわれています。


また犬同士が公園や広場で、

仲良くしている姿を見かけますが、

昔は、ジステンパーという伝染病がありました。

昔は、狂犬病がありました。


ワクチンを受けている飼い犬なら良いのですが

野良犬に噛まれたとなると

大騒ぎでした。それほど身近でしたね。

野外で飼っていた時代は、

蚊の媒介による白い細長い寄生虫が、

たくさん心臓に詰まって死亡すること
が多かったです。











Category: 犬の健康
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。