スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛犬の老後

P5240089.jpg


ただ、年齢はあくまで目安であって、

犬種や大きさ、環境なども影響し、


老いの程度はさまざまです。

一般的に小型犬・中型犬で10歳、

大型犬で7歳、

超大型犬では5~6歳くらいから、

老齢期を迎えると言われています。


スキンシップを大切にしながら
愛犬をよく観察し、

適切に応対するように心がけましょう。

飼い主は、愛犬にいつまでも

無邪気で愛らしい姿でいて欲しいと願うものですが、

人間と同じように犬にも必ず老いはやってきます。


愛犬に異変を見つけた時に

「うちの子どうしちゃったの?」と

戸惑わなくてすむよう、ワンちゃんの

老いについて正しい知識を身につけておきましょう。

老いのサインに早く気づき正しく対処すれば、

老いを避けることはできなくても、

お世話の方法を工夫することで

愛犬にとって快適な時間を増やすことができます。

大型犬と小型犬の年齢の生後の年齢を、

犬の2歳は大型犬で人間の19歳、

小型犬で人間の24歳に相当します思った以上の

スピードで進行する。


しかも、犬の年齢は小型犬で人間の約4倍、

大型犬なら約7倍のスピード。


ペットの健康管理や健康維持を

意識してあげることが大切

健康維持のためにのもぜひ。

こんなワンちゃんにお勧めのが







スポンサーサイト
Category:

犬の老化をしめすサインをチェク

WS000026.jpg


飼い主が病気に対する正しい知識を

持つことも、愛犬の健康チェックに役立ち、

病気の早期発見につながります。


日常生活では、散歩の時の歩くスピードが

ゆっくりになる、名前を呼んだ時の反応が鈍い、

少しの段差でつまずくようになるなどの
変化が見られます。

歳をとったワンちゃんは、

がんや糖尿病、心臓病、腎臓障害、肝臓障害、

白内障、歯周病、皮膚病、痴呆などといった病気に

注意する必要があります。外見でいえば

お腹がたるむ、お尻の筋肉が落ちてくる、

ひげや毛に白髪が混じる、

頬の筋肉がゆるむといったものがあげられます。


ワンちゃんの老いは見た目や行動に現れます。

目が白く濁る、目やに・耳垢が増える、

口臭や体臭がきつくなる

耳が遠くなる、寝ている時間が増える・・・
etcの変化もあります


こうした老化の兆候が出てきたワンちゃんは、

若いころに比べて体力や免疫力が落ち、

病気にもなりやすいものです。


そのためにも獣医師による定期的な

健康診断
は欠かさずに行いましょう。

愛犬に元気にすごしてもらうためには、

早い段階での病気の発見と正しい治療が必要です。












WS000043.jpg




Category:

犬の暮らしで大切なこと

P5240080.jpg



室内で構わないので、それまで以上に

スキンシップを取ってあげて、

不安を取り除いてあげるといいでしょう。

体の面だけでなく、
メンタル面を充実させるためにも

普段からお友達のワンちゃんとふれあう
機会を作ってあげて、


メリハリのある生活を送らせてあげましょう。

これまで以上にボディケアやスキンシップも

入念にやさしく行いながら、

こまかい変化に注意してあげましょう。

老化が進むと犬も人と同様に、

体が思うように動かなくなったり、

目や耳が悪くなったりしてこれまでできていた

簡単なことができなくなります。

また、若い時と同じような遊びや散歩は
できないかもしれませんが、

適度な運動で体力維持を図ることも重要です。

外が好きなワンちゃんなら、

だっこしたり、距離を短くするなど負担を軽くして、

外に出たい欲求を満足させてあげることも大切です。

そんな時は、無理に今までと同じ運動させることはせずに、

動きが鈍くてもできる運動に切り替えてあげましょう。
愛犬との充実した生活を望むなら、


飼い主は愛犬の年齢に合った正しい食事、

生活環境の中で暮らさせてあげることを
心がけましょう。


ペットの健康管理や健康維持を

意識してあげることが大切

健康維持のためにのもぜひ。

こんなワンちゃんにお勧めのが




Category:

老犬のごはんは量より質! 2

P5240077.jpg


10歳前後になると歯が弱くなったり
食欲が落ちたりして、

逆にやせ過ぎてしまう場合も出てきます

食べる量が減ってしまったワンちゃんには、

1回に与える食事量を少なくし、
食事の回数を増やしてもいいでしょう。

そんな場合でも、体型や体重が
変化していないのであれば、

年齢とともに自然に食欲が
減ってきているということなので、

心配ありません。10歳前後になったら

少量で十分な栄養が

とれるフードに切り替えてあげましょう。


好きなおやつを少量刻んで混ぜたり

ウェットフードを混ぜて
風味づけをするのも効果的です。

いろいろ試したけれど、
1日に必要な量を食べてくれず、
栄養バランスが心配…。

ひと工夫で食欲アップ シニア用のフードは

食べやすい小粒タイプであることが多いですが

それでも食が進まなかったり


食べにくく感じるワンちゃんもいます。

老化の進行に応じて最適な栄養バランスも

変化することを理解することが大切です。


ペットの健康管理や健康維持

意識してあげることが大切

健康維持のためにのもぜひ。

こんなワンちゃんにお勧めのが



Category:

老犬のごはんは量より質! 1

a1320_000180.jpg


それでも心配・・・。
老化は見た目や行動など目に

見える変化のほかに、
消化、吸収、代謝など目に

見えない変化をもたらします。

まず獣医師に
『何の栄養素がどれくらい足りないのか』と

いったアドバイスをもらい、
愛犬が必要とする成分を
与えるようにしましょう。


7歳頃には基礎代謝や運動量が減って

必要となるカロリーも減る一方、筋肉の維持や酵素、

ホルモンなどの生理活性物質の材料となるたんぱく質は

必要であるため、低カロリー、
高たんぱく質のフードが良いでしょう。

サプリメントを上手に利用するのも良いでしょう。

高齢/老齢期のフードの基本は、
「高たんぱく質、低カロリー」です。

歯が弱くなってしまったワンちゃんには

ぬるま湯などで
フードをやわらかくして与えるといいでしょう。

ペットの健康管理や健康維持を

意識してあげることが大切

健康維持のためにのもぜひ。

こんなワンちゃんにお勧めのが




Category:

犬の暮らしやすい環境とは?

WS000004.jpg


すき間に入りこんで出られなくなる
可能性もあるので、

ワンちゃんが入れるすき間を作らないよう
家具の配置にも配慮を。


段差のある場所や階段では落ちて
ケガをすることもあるので、

万が一に備えてを取りつけると
安心です。

ワンちゃんが大好きなソファなどには、

スロープ状のものを設置して、
負担をかけずに

上れるようにしてあげましょう。
家具の配置を覚えていて、

記憶を頼りに行動したりもするので、
なるべく配置を換えないなどの配慮も大切です。

「最近動作がゆっくりになった?」

「いつもの階段、歩きづらそう?」

老化は通常徐々に進行するので、
その前兆を捉えることが重要です

老化によって痴呆の症状も出てくると、
特に後退することが苦手になります。

すべりやすいフローリングの床には、

コルクマットやじゅうたんを敷いてあげると
足腰の弱ったワンちゃんにもやさしく

歩きやすくなります。老化のサインが見られたら、
ワンちゃんの状態に合わせ

できる範囲で住環境を見直してあげましょう。

視力が弱くなってぶつかりやすくなるため、
家具の角には緩衝材をつけると良いでしょう。

老いた愛犬が快適に過ごすために、
このような生活環境の工夫をしてあげたいものですね。







WS000043.jpg

Category:

犬の食 及び おしっこ・うんちの変化

PC280016.jpg



早期発見が大事
食の変化・好きなものを残したり、
食が細くなる・食欲が異常に増える
肥満になる・食べるスピードが遅くなる
かたいものが食べにくそうになった
味や臭いの薄いものに興味をしめさなくなる
ドッグフードはやらかくしてね


注意したい食の変化
歯が臭う、
グラグラする
食べたものを吐く
食べようとしていたが、思うように食べられない
急に食べなくなる
食べても食べても催促する
食べるわりに痩せている
食がよいけれど消化不良が多い


おしっこ・うんちの変化
たびたびおしっこをしたくなる
おもらしをする
排便のポーズを取るがなかなかでない
トイレ以外の部屋でも排泄をするようになった
叱らないでね

注意したいおしっこ・うんちの変化
尿が全然出ない
尿が少ない・臭う
尿が目の前を横切るものに反応しない
排便に血が混ざる
おしっこやうんちが部屋のあちこちで
するようになった

異常があったらすぐに病院へ連れていってください


ペットの健康管理や健康維持を
意識してあげることが大切

こんなワンちゃんにお勧めのが





Category:

犬の寿命について

a1180_013257.jpg

人間社会と同様に、
高齢化になると避けられない病気
がん、糖尿病、心疾患なども増加傾向です。
野外で飼っていた時代は、
蚊の媒介による白い細長い寄生虫が、
たくさん心臓に詰まって
死亡することが多かったです。

医学の進歩や予防や環境、
飼主の手厚い看護や健康の意識も高く、
ますます高齢化になるでしょう。
何と言ってもフィラリアです。

犬の本来の体重は、
中型犬なのかもしれません。

犬も人間同様に、長寿化が進むことは間違いないようです。
原始時代は、その位だったそうです。

また雑種のほうが、長生きです。
一般的に、動物は体重に比例して長生き出来ます。
小さい動物ほど鼓動も頻繁で、時間の経過も早いです。
ネズミは人の10倍くらいの時間の速度を感じます。
私の1時間は、10時間に相当します。

それほど身近でしたね。でもデータ上は、大型犬ほど、短命です。

中型犬の寿命は、平均12~15歳くらいで、
なかには20歳を超える長寿犬もいるようです。
獣医もこれらの病気には、ほとんどなすすべがなかったです。

兆候は、4、5歳くらいに、走っていて急にバッタリ倒れて、
すぐ起き上がったり、咳をしたりです。
犬の体重は、相当種類によって幅があります。


また犬同士が公園や広場で、
仲良くしている姿を見かけますが、
昔は、ジステンパーという伝染病がありました。

犬の祖先が、
中型のオオカミ、ジャッカルといわれますが、
やはり、この体重クラスです。噛まれるとこの病気を恐れました。

ワクチンを受けている飼い犬なら良いのですが、
野良犬に噛まれたとなると大騒ぎでした。昔は、狂犬病がありました。

今は、ほとんど上記の病気はないようですね。
科学、医療の発達により、現代は長生きになりました。
本来、人間は体重だけで判断すると30歳以下の寿命だそうです。

これは、医療の発達、食生活の向上、
住む環境が良くなった事などがあげられています。
小型の犬は、生後1年で人間の15歳、2年で24歳、
5年で36歳、7歳で44歳位になりますね。

犬は人の4~7倍の早さで歳をとるといわれています。
どこかで犬が発病すると、あっという間に広まり、
致死率が高かったように記憶しています。






Category:

愛犬の老後

P5240084_20140731200311717.jpg


ただ、年齢はあくまで目安であって、

犬種や大きさ、環境なども影響し、

老いの程度はさまざまです。

一般的に小型犬・中型犬で10歳、

大型犬で7歳、

超大型犬では5~6歳くらいから、

老齢期を迎えると言われています。

スキンシップを大切にしながら
愛犬をよく観察し、

適切に応対するように心がけましょう。

飼い主は、愛犬にいつまでも

無邪気で愛らしい姿でいて欲しいと願うものですが、

人間と同じように犬にも必ず老いはやってきます。


愛犬に異変を見つけた時に

「うちの子どうしちゃったの?」と

戸惑わなくてすむよう、ワンちゃんの

老いについて正しい知識を身につけておきましょう。

老いのサインに早く気づき正しく対処すれば、

老いを避けることはできなくても、

お世話の方法を工夫することで

愛犬にとって快適な時間を増やすことができます。

大型犬と小型犬の年齢の生後の年齢を、

犬の2歳は大型犬で人間の19歳、

小型犬で人間の24歳に相当します思った以上の

スピードで進行する。

しかも、犬の年齢は小型犬で人間の約4倍、

大型犬なら約7倍のスピード。



ペットの健康管理や健康維持を
意識してあげることが大切
こんなワンちゃんにお勧めのが


Category:

ワンちゃんの喜ぶディケア方法

P5240080.jpg


入浴に比べて体に負担のかからない
ブラッシングは、頻繁に行うようにしましょう。

刺激の少ない背中から始めて、
徐々に敏感なところにブラシをかけるようにすると
ワンちゃんも喜びます。

皮膚の表面を適度に温め、
ボディタオルで拭いてあげながら

やさしくマッサージすれば、ワンちゃんの血行も良くなり

リラックスやリフレッシュ効果も期待できます。

老犬は皮膚が弱くなっているので、
ブラッシングの際はソフトタッチを心がけて。


ブラシを入れる時に愛犬の体を触ることは
健康チェックに役立ち、

スキンシップも図れてお互いの絆を
深めることにもつながります。

若い時と違って老犬になった場合は、

これまで以上に素早く、
やさしく、丁寧にを

モットーにしてください。

体力が落ちているワンちゃんには

シャンプーも体の負担になることがありますから、

十分に注意しながら行います。

歳をとって代謝も悪くなったら、

ブラッシングや入浴は控えめにしましょう

そんな風に考えるのは間違いです。


体を常に清潔に保つことは、

何歳になってもワンちゃんが

心地よく暮らすためには必要なこと。









Category:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。