スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の体型は

a1180_013257.jpg


一般的によく基準として用いられるのは

1歳前後の体重です。

けれども、その理想の形は犬種ごとに、

さらに言えば、性別や体格などで
1頭ごとに異なります。

数字と感覚で記憶しておき、

ことあるごとに再確認する

何を基準に理想体型を知ることができるのでしょうか。

その時に目や手で肉付きやシルエットを
確認しておくのです。

この犬種は何㎏が理想とは言えないのです。

毎日見ていると、ワンちゃんの体型の

変化に気づきにくいものです。

ワンちゃんが元気な状態を基準に

するというのはいかがでしょう。

理想の体型を知る目安を次に紹介します。

理想的な体型時の体重を適正体重として、

そこから20%を超える体重の増減を

異常とする場合が一般的です。


「最近、動きが少なくなった」とか

「寝てばかりいる」など、

生活上の変化に気づいた時には、

すでに肥満化してしまっているということも逆に、

「元気がないな」と気づいてから、

ワンちゃんが痩せたことに気づく

飼い主さんも多いようですワンちゃんも、

人と同様に理想体型があります。


ワンちゃんの元気さは季節や体調に

左右される点が多いのも確かなこと。

これも、人と同じですね。

ワンちゃんの健康状態を体型で推測できれば、

何か起きる前に「おかしいな」と気づいて

対処してあげることができます。

同じ犬でも体長や体高、

骨や筋肉の付き方や質によって

見た目は異なります。






スポンサーサイト
Category: 犬の健康

ワンちゃんのダイエットについて

a1180_013258.jpg


肥満の度合いが著しいワンちゃんの場合は、

運動は獣医師とも相談しながら
取り入れると良いでしょう。

また、普段から散歩をしているワンちゃんであれば、

その延長線上で運動量や負荷を少しずつ

増やしていく方法がおすすめです。

適正体重が分らない場合、

獣医師に相談すると良いですが、

現在の体型からBCS(5段階)が4ののなら

現在の体重の10~15%減、

5のなら20~30%減少を目指すのも
よいと思います。

この場合、間食を含めた1日の総食事量を

きちんと管理しなくては意味がありません。

食事量を減らすのは体重を

減らす基本的かつ最善の方法です。

目標は、理想的な体型を維持する

こととなりますが、数値として目標体重を

設定する方法が分りやすいでしょう。

そこで可能な範囲で1日の給与回数を

2回~4回に増やすことをおすすめします。

ただし、ワンちゃんが疲れたかなと

思ったら無理はさせず、休憩させてあげましょう。

目標を設定しよう。
1日に与える食事量を決めよう。


食事の与え方も一工夫食事をとることにより

消化吸収のためのエネルギーロスが発生します。

しかし肥満度の高いの場合は心臓への負担を考え、

急激な運動量の増加は避けて

散歩の距離を徐々に伸ばすなどの方法をとります。

減量効果をあげるには運動量を

増やすことも大切です。

ワンちゃんがお腹が空いた

素振りやおねだりをしても、

ワンちゃんの健康のためを思うなら、

断固たる決意を持ってコントロールして
あげなくてはなりません。

また運動は、楽しく取り組むことで

続けやすくなります。

また運動は血糖値の低い食事の

前にする方がよいとも言われます。

散歩や運動で、楽しくダイエット。

従って食事回数は多いほうが

脂肪の蓄積をへらすことができます。

愛犬のみならず、飼い主さんも一緒に

なって楽しく出来るようなスタイルが

見つかると良いですね。


長期的なスパンで考え、最終的な目標体重は

もちろん、中間目標も設定しながら行うと
達成しやすくなります。

たとえば、散歩する距離を長くしたり、

散歩中にボール遊びを入れたり、

階段コースなどを取り入れるのもよいでしょう。





ペットの健康管理健康維持

意識してあげることが大切

健康維持のためにのもぜひ。

こんなワンちゃんにお勧めのが


興味がある方はこちらをご覧下さい。




Category: 犬の健康

犬の肥満の原因は?

WS000130_20140905090034d4f.jpg



おやつや間食にもエネルギーがあることを

計算して給与する必要があります。

食事の時間や量が決まっているにも関わらず、

人間の食事のときもついつい食べ物を

与えてしまうことも肥満につながる要因のひとつ。


それなのに、幼犬用の高カロリー食を

与え続けたり、ワンちゃんに対して

必要量以上の食事や間食を与えたりすることで

カロリーオーバーとなり、太らせてしまうことがあります。

大型犬などにおいて、成長期の肥満が一因となり

「股関節形成不全」となることが警告されています。

1歳までの成長期においては、

肥満が生涯脂肪細胞数の増加に繋がり、

やせ難い体質の犬が増えていることが、

近年問題視されています。獣医師に相談をすれば

愛犬の必要カロリーを教えてくれるので、

まずは食事の管理をしっかりと行いましょう。

ワンちゃんの場合、
飼い主さんに与えられたものを

食べるというのが食事の基本ですから、


愛犬の肥満は飼い主さんの間違った

健康管理が原因と考えられます。

愛犬の健康維持のためにも、

摂取カロリーと消費カロリーのバランスを
見直してみましょう。



けれども、散歩や室内でのおもちゃ遊びなどの運動は

ワンちゃんの健康維持のためにも必要です。

室内飼いの場合の運動不足も肥満の原因と考えられます。

1歳を過ぎると体重増加に必要なエネルギーが

減っていきます。きちんと運動をして

食事で得たカロリーを消費させなければ、

ワンちゃんはどんどん肥満傾向になってしまいます。

肥満は、食事で摂取するカロリーが、

普段の生活・運動で消費するカロリーを

上回ることで起こります。

特に小型犬の場合は、
運動は不必要と考える飼い主さんもいるようです。




















Category: 犬の健康

ワンちゃんの肥満について

WS000144.jpg


人間と同じように、

ワンちゃんも肥満が原因となって

さまざまな病気を引き起こします。


体重の測定は、毎日少しずつ変化していく過程で

見落としがちな変化を数値で

把握することができるため、

異変にすばやく対応することが可能です。

適正体重を把握しよう!

飼い主さんは愛犬を肥満症にしないためにも、

適正体型の把握が重要です。

適正体型はボディコンディションスコア(BCS)
などで判断することができます

飼い主さんは思いがちですが、

実際は肥満になっている子は多いもの。

定期的な体重測定によって肥満を

コントロールすることも有効です。

愛犬がぽっちゃりしていても、

愛嬌があって可愛い うちのコはそんなに
太っていないから大丈夫。

犬種や体格によって若干の違いはありますが、

5段階評価の場合「スコア3」の理想的な
体型を目指してコントロールしましょう。

この時、犬種図鑑などに記載されている犬種毎の

標準体重などは“目安”とはなりますが、

適正体重は1頭1頭違うため、体型からわんちゃんの

適正体重を判断するのがいいでしょう。

理想的な体型時の体重を適正体重として、

そこから10~15%を超える体重の増加を

異常(肥満傾向)とする場合が一般的です。


例えば、人でいう生活習慣病(糖尿病や高血圧、

心疾患、脂質代謝異常など)や免疫力の低下、

過大な体重負荷による関節炎などの一因となります。



ペットの健康管理や健康維持を

意識してあげることが大切

健康維持のためにのもぜひ。

こんなワンちゃんにお勧めのが



興味がある方はこちらをご覧下さい。


Category: 犬の健康

夏バテの解消法は?

WS000147.jpg


夏バテは主に食欲減退と
水分不足として現れます。

ところで、人は1日どのくらいの水分を
とればいいのかご存知ですか?

1日に1.5リットル、コップ7~8杯が必要だと
一般的には言われています。

では、ワンちゃんに必要な水分量は?

体重や生活環境、運動量などの差により
一概には言えませんが、

1日に必要なエネルギー量とほぼ同じといわれます。


ワンちゃんには、いつも新鮮な飲み水を
用意してあげるとともに、

その水分を十分に取っているか、


単なる夏バテではなく、

脱水など深刻な状況も考えられます。

1日に400kcalをドライフードから摂取している

ワンちゃんには約400mlの水分が必要になるのです

獣医師のもとへ一刻も早く連れて行ってください。






ペットの健康管理健康維持

意識してあげることが大切

健康維持のためにのもぜひ。

こんなワンちゃんにお勧めのが


Category: 犬の健康

夏は春より食事量は減る!?

WS000146.jpg


ワンちゃんにごはんを与えるときは、

一定の食事時間を決め、

それを過ぎたら片付けてしまうことです。


ウェットフードは通常、水分量が80~90%あります。

涼しい時間帯に食事を与える

いつものドライフードに、ウェットフードを

トッピングして与える夏の食事のポイント

夏の食事で気になることとして、

腐敗と水分不足があげられます。

ワンちゃんは、季節に応じて食事量が変わります。

しかし、それ以上に食べなかったり、

まったく手をつけないというときは、

他に原因がないか気にかけ、

以下の対策を試してみましょう。

痛みにくいドライフードでも、

湿度の高い夏の日中にずっと

放置して食べさせることはおすすめできません。

春と秋を基準にすると、冬は15~20%増えて、

夏は15~20%減るとされます。ふだん、

ドライフードのみの食事を与えている

ワンちゃんにはウェットフードは魅力的で、

夏バテ時の食欲増進も期待できます。

できるだけ小分けにしたパックの

フードを用意するなど、湿気などの対策

を講じておきましょう。

これを適宜ドライフードにトッピングすることで、

より多くの水分を摂取することができます。

水分は、水を飲む以外に食事でも

補給させることができます。










Category: 犬の健康

犬の散歩・外出時の暑さ対策は

WS000149.jpg




日中にワンちゃんが日陰へ自由に

行くことができるよう、リードを

長めにしておいてあげましょう。


室外犬の暑さ対策まず、

直射日光を避けることです。

気温が35~40度にもなると、

ワンちゃんは唾液が出なくなってしまい、

脱水症状を引き起こすこともあります。

路面からの輻射熱もものすごく、

熱中症の原因となります。

お出かけ前に

冷却効果のあるスプレーをかけたり、

散歩後に肉球用クリームを

塗って保湿してあげるといいですね。

日中のアスファルトは、

手のひらをつけてみるとわかりますが、

とても熱いものです!

素足で歩くワンちゃんは、

肉球を火傷してしまいます。

ワンちゃん用のハウスを木陰など、

日光の当たらない場所に移動してあげましょう。

肉急の火傷が気になるときは、流水で冷やします。

朝は7時前、夕方は7時以降になると

路面の温度も変わってきます。

夏場、一番ワンちゃんに負担がかかるのが、

お散歩をする時間です。


散歩中のワンちゃんがだらんと

舌を出し続けていたら危険信号です。

ワンちゃんはお散歩が大好きです。

外出の場合、小型犬であれば、

キャリーケースに入れて運ぶのも

いいかもしれません。

いつでも水が飲める環境を
用意してあげましょう。

屋根があっても、
ハウス内の温度はとても高くなります。

小型扇風機付のケースもあります。

夏場の散歩は早朝や日が落ちてから行いましょう。






ペットの健康管理や健康維持を

意識してあげることが大切

健康維持のためにのもぜひ。

こんなワンちゃんにお勧めのが

Category: 犬の健康

簡単にできる暑さ対策は?

WS000145.jpg




ワンちゃんは人よりも暑さに弱い生き物です。

特に、子犬や老犬、ペキニーズや
パグなどの短頭種

寒冷地原産の犬種などは、

暑さに対応するのが苦手なので、

注意してあげましょう。

ドライタイプに水分を加えてあげたり、

ウェットタイプと合わせて与えるのも
有効な水分補給になります。

毛は皮膚を陽光から守る役目も持っているので、

むやみに短くしては逆効果の場合が
ありますので注意です。

いつでも水分を取れるようにワンちゃんは

体温管理のひとつとして、水を飲みます。

日陰で、窓を開けるなどして風通しの

よい場所を確保してあげましょう。


いろいろなところに水場を作ってあげて、

いつでも新鮮なお水が
飲めるようにしてあげるのも、

有効な暑さ対策です。暑さ対策は生命に

関わる深刻な問題となりえますので、

現在の生活環境を見直してみてください。

そのうえで、冷却材や床置きのクールボード、

ペットボトルを凍らせて布に
くるんだマットなどを用意して、

直接に身体を冷やせる場所を
作ってあげるのもいいでしょう。

毛の長い子はサマーカットして
あげるのもいいでしょう。

クーラーなどで室温を下げるときは、

冷気は下に溜まるため、床面にいるワンちゃんには

冷やしすぎでないか確認してください。

真夏の日中、室内でも、日の当たる場所に

居続けると熱射病/熱中症にかかってしまいます。

日に当たると、水はすぐ熱くなってしまいます。

ハウスを涼しいところに置いて、

ワンちゃんが涼みやすい環境を

作ってあげることが大切です。

その際、日光の当たらない場所を選びます。






ペットの健康管理や健康維持を

意識してあげることが大切

健康維持のためにのもぜひ。

こんなワンちゃんにお勧めのが

Category: 犬の健康

犬の体温・脈・薬について

WS000148.jpg


においがある場合などオブラートに包んで

錠剤のようにするのも良いでしょう。


水薬の場合

スポイトなどで下あごを少し上に固定しながら、

口の後ろの方からスポイトで差し込みます。


体温計は色々な種類が出ていますので、

使いやすいものを選んでください。

大体38度くらいであれば平熱です。

犬の体温の測り方肛門へ2cmほど差し込んで測定します。

体温計の使用後は消毒してね

犬の薬の与え方錠剤の場合

口を上方へ上げて、片方の手で錠剤をつまみながら、喉の奥へ入れます。

吐いてしまったり、犬が嫌がる場合は

オブラートなどに包むと良いでしょう。

フードに混ぜるのも良いでしょう。

環境や運動などによっても体温は変わります。

そのとき、首や前足などで
動かないようにする必要があります。


口を閉じて少しそのままにします。

粉薬の場合
水で薄めて水薬のように飲ませます。


犬の脈の測り方脈は後ろ足の付け根の
裏側に指を入れて確認して下さい。












犬のケガでの輸送・保定について


P5240080.jpg





足は手で持ちます。

噛むようでしたら口輪も行います。

口にヒモを1~2回巻きつけた後、

首の後ろ側まで回して縛ります。

ケガや症状を悪化させないまま、

早く動物病院へ運ぶことが重要なポイントです。


座らせて行う場合は、

犬の首の下に片腕を回し、

もう片腕はお腹を押さえるようにして

身体を引き寄せます。

立ったまま行う場合は、

犬の首の下から片腕を回し、

もう片腕を胴体の下からまわして
犬の身体を引き寄せます。


ケガなどにより、
普段は大人しい愛犬も興奮状態になります。

激痛があるけれども、意識がある場合は、

痛がったりして、噛んだり暴れたりします。


あらかじめ犬を動かないように押さえていることを
保定といいます。

犬が患部を舐めたり、細菌の侵入を防いだり、

止血や添え木など、多くの役割があります。

飼い主がなだめて安心させてから
運ぶようにして下さい。

治療や検査や注射など、

犬が暴れて治療が遅れたりしないように

しなければなりません。

小型犬や中型犬と異なり、

大型犬は大変です。

口輪の方法包帯、ネクタイ、
パンティストッキングなど、

やわらかいヒモでも使用できます。


横にする場合は、
ひじで犬の方と腰を固定します。

余程しつけをされている犬でも
興奮状態になっています。


出血したり、骨折したりの状況であれば、

止血や包帯などで固定して、

なるべく患部を上にして運びます。

一人で運ぶのは難しい場合、

毛布などで複数で運ぶようになります。


毛布やシートなどに犬を入れて

複数の人が端を持って運べば

担架の代わりにもなります。


包帯などは普段経験がなくても、行ないます。





ペットの健康管理や健康維持を

意識してあげることが大切

健康維持のためにのもぜひ。

こんなワンちゃんにお勧めのが


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。