スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生活習慣病と運動の関係は? ②



そしてデスクワークをしているという人は

生活習慣病の原因の

運動不足になってしまうと思います。

メタボリックシンドロームになっている人の

多くも運動不が原因だといわれていますから

運動不足をなくして毎日適度に

運動することを心がけてください。

1週間に一回スポーツジムに

通うというのもいいかもしれませんが、

それよりも毎日たった10分でもいいので

ウォーキングをして毎日体を動かすというのが

一番大切なことです。

ですからやはり生活習慣病を

自分で予防するためには

適度な運動を毎日することです。

肥満は生活習慣病の

原因ともいわれています。








スポンサーサイト

生活習慣病と運動の関係は? ①

簡単な家でできるエクササイズも

あると思いますから生活習慣病を予防するためにも、

運動不足の解消を心がけましょう。

運動不足で体が弱っていくことも

生活習慣病につながりますが、

生活習慣病の食生活とも運動は

関連していて脂っこい食べ物ばかりを

食べているのに運動を一切しないことで

肥満になっていきます。

運動不足が生活習慣病に

なるといわれていますが、

普段どれくらいの運動をしていますか?

駅までの道乗りを自転車や歩いて

毎日10分以上という人は

比較的運動をしているといっても

まだいいのですが、

車通勤でまったく歩くことをしないで、・・・?








糖尿病は その 4



糖尿病の治療は、インスリンの注射になります。

この病気も発病すると完治が難しいです。

何かの理由でインスリンが足りなくなる

と細胞は糖を吸収しにくくなり、

色々な病気になります。

なっちまうと、大変な病気なんだが、

発病が…普段の予防が大切です。



今すぐこちらをこちらをご覧下さい。





糖尿病は その 3



尿を検査すると必ず糖が出るので、

糖尿病という名前が付いています。

血糖値をコントロールするインスリンが

不足してしまう病気です。

このホルモンは、

身体の細胞が糖を吸収したり、

肝臓や脂肪やたんぱく質を蓄えるのを

助ける役割をしています。

生活習慣病と言われていますので、

長期の肥満などを

見逃さないようにしましょう。







糖尿病は その 2



病院で決められたインスリンの量を

毎日注射しなくてはいけません。

すい臓からはインスリンと呼ばれる

ホルモンが分泌されています。

遺伝的な体質もありますが、

ほとんどの場合、過食、肥満が原因で、

すい臓が弱まっていることが原因です。

糖尿病は、肥満や過食で、

インスリンを多く使いすぎたために、

血液中に糖が多くなり、

血管や内臓や目などの症状、

合併症が心配になります。







糖尿病は その 1



水を多く飲むすぐ疲れるようになる

多食の割に痩せてくる

視力が落ちたり、白内障になる

運動不足や若い頃からの食べ過ぎ、

肥満に注意が必要です。

昔はぜいたく病といわれていて、

運動不足や過食の人に
出やすい病気です。









生活習慣病と食生活 その④



食生活が欧米化されつつある日本では

不規則な食事の時間帯、

栄養バランスが偏ってしまっている

食事などを続けていくことで

生活習慣病につながるといわれています。

塩分を取りすぎた場合には

生活習慣病の高血圧になりますし、

脂っこい食べ物ばかりを食べていると

糖尿病や高脂血症にもなるといわれています。

食生活は昔に比べるとかなり

乱れつつあるといわれています。

たとえば高血圧、糖尿病、動脈硬化といった

病気の場合には生活習慣病が原因で

起きるといわれていますが、

その原因が食生活である可能性は

高いといわれています。










生活習慣病と食生活 その③

普段から生活習慣病の

食生活の見直しとして

気をつければ予防も可能です。

生活習慣病にならないためにも

やはり三食きちんとバランスの

いい食事を食べることを

心がけなければいけません。

生活習慣病と食生活はとても

密接なかかわりがあると言われていますが、

生活習慣病と食生活について

紹介していきたいと思います。

欧米化しつつある食事ですが、

日本の昔からの和食がやはり

生活習慣病の予防としてはいいといわれていますから

和食中心の食事に代えて三食しっかりと食べて

規則正しい時間の食事をするというのが

生活習慣病予防のための食生活になると思います。








生活習慣病と食生活 その②

食生活が欧米化されつつある日本では

不規則な食事の時間帯、栄養バランスが

偏ってしまっている食事などを続けていくことで

生活習慣病につながるといわれています。

普段から生活習慣病の

食生活の見直しとして

気をつければ予防も可能です。

生活習慣病にならないためにも

やはり三食きちんとバランスのいい食事を

食べることを心がけなければいけません。

塩分を取りすぎた場合には

生活習慣病の高血圧になりますし、

脂っこい食べ物ばかりを食べていると

糖尿病や高脂血症にもなるといわれています。













生活習慣病と食生活 その①

欧米化しつつある食事ですが、

日本の昔からの和食がやはり

生活習慣病の予防としては

いいといわれていますから

和食中心の食事に代えて三食しっかりと

食べて規則正しい時間の食事を
するというのが

生活習慣病予防のための

食生活になると思います。

食生活は昔に比べるとかなり

乱れつつあるといわれています。

生活習慣病と食生活はとても

密接なかかわりがあると

言われていますが、

生活習慣病と食生活に

ついて紹介していきたいと思います。

たとえば高血圧、糖尿病、動脈硬化と

いった病気の場合には生活習慣病が

原因で起きるといわれていますが、

その原因が食生活である可能性は

高いといわれています。











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。