スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生活習慣病の特徴は ? その②



生活習慣病の特徴はこのように、

本人が病気にかかっていると

自覚することができないことが特徴です。

生活習慣病は健康診断などで

精密に検査をしないと自分で症状に

気がつくというのは難しいと思います。

生活習慣病を知るためには

高血圧かどうか血圧を測ってみたり、

糖尿病になっていないか血液の中の

糖分を測ってみたり、コレステロールの値を

測ってみるといった方法が生活習慣病の

症状を知る手がかりになります。

たとえば血圧が高くても症状が

出ない人もいるのですが、

生活習慣病はこのように、

ひとによっては全く症状が

現れない人が多いのです。







スポンサーサイト

生活習慣病の特徴は ? その①



自覚症状がありませんから

放っておきがちな生活習慣病ですが、

早めに対処していかなければ

気がついたときには大変なことに

なっているのではないでしょうか。

生活習慣病の特徴についてですが、

生活習慣病というのは、

一度に症状が現れるというものではありません。

生活習慣病で症状が出た時には

既にもう病気が進行していることを

意味していますから、

生活習慣病の自覚症状が

もうすでに出ているのでしたら

それは少し手遅れといってもいいかもしれません。

少しずつ生活習慣病というのは

症状が進行しますし、

自覚症状も全くないのが

特徴といってもいいと思います。









生活習慣病の進行具合よって ②



まず生活習慣病の原因になっている

不健康な生活を続けていることによって

まずだんだん不健康な体になっていきます。

そしてこの状態から生活習慣病を

発症してしまいますが、生活習慣病を

発症してしまったとしても自覚症状は

ほとんどないに近い状態で

調べてみて初めて肥満症や高血圧、

糖尿病、骨粗鬆症ということを

診断されることがよくあります。

生活習慣病の進行具合についてですが、

生活習慣病というのは実は

段階を踏んで進行しています。

生活習慣病を少しでも

未然に防ぎたいと思っているので

あれば最初の段階で生活習慣を

見直さなければいけません。









生活習慣病の進行具合よって  ①



その後の生活習慣病はどんどん悪化して

ようやくこの時点くらいだから生活習慣病の

自覚症状があらわれてくることになります。

食生活が乱れていたり運動不足になったり、

お酒を飲みすぎている時期が

この生活習慣病の前の段階です。

その次には、生活習慣病になっている

という自覚症状というのははっきりないのですが

健康診断をすれば数時に生活習慣病で

あることがはっきりと分かってくる時期が

未病期と呼ばれる時期としてあります。

自覚症状が出てきたころには

生活習慣病は大変なところまで進んでいて

悪化して脳血管障害などが起きるのも

時間の問題という時点にいると思います。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。