スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬に出来ることは何でしょうか? その①


いかに病気を知り、

回復のための良い情報を知り、

治癒するための最善の方法を選択し、

獣医と飼主との心が一致して、

病気回復・ケアに向かえば良いと信じます。

闘病や大変な苦労もあります。

いつでも信頼してます。

人間も同じですが、

家族には、できることと、

できないことがあります。

それでも、あなたやご家族の愛情やその時間は、

犬にとっても幸せな時間であり、

非常に大切な時間として、

いつまでも輝き続けるのです。

若い時にはすぐ治った

病気でも段々と治りにくく

なったり、慢性化していきます。







スポンサーサイト
Category: 犬の健康

犬の生活習慣病に注意することは? ②


飼主の普段からの健康チェック

元気は?
熱は?
便の量・状態は?
尿の回数・量・異臭は?
痛がるところは?
触ってみてしこりは?
鼻・耳・目・歯は?
体重は?
見た感じは?

毎日の簡単なチェックで健康管理が出来ます。

ワンちゃんだけの力では健康維持は出来ません。

症状が初期には判りにくい病気でも

定期的な健康チェックによって、

大事にいたらずにすむケースもたくさんあります。

食べるのは得意ですが、偏食防止・ダイエットは

自分だけではできません

血液検査、X線、尿・便の検査、超音波、心電図、

その他獣医の身体の検査により、

健康状態のチェック、治療が可能です。

そこで、健康診断もできますし、

ちょっとした体調不良などでも、

病院へ行くことが万一異常があっても

普段からのチェックで、明確に獣医に

伝えることが可能です。

犬にあわせての栄養バランスを考えた

ドッグフードの普及は、

飼いやすさという点でも

栄養バランスという点でも、

とても貢献しています。









Category: 犬の健康

犬の生活習慣病に注意することは? ①


糖尿病、高血圧、がん、心臓病などですね。

早期発見、早期治療はとても大切です。

生活習慣病は飼主の日ごろの注意で予防、

健康維持が可能です。

寿命が延びて高齢化になった現在、

与え方のミスによる栄養のかたより、

運動不足、肥満などが起こり、

人間同様に生活習慣病が増えています。

毎日の状態を見ている飼主の力が

一番大切です。生活習慣病に注意

犬は大切な家族として認識されています。

急病の場合は大至急病院へ行かなければなりません。

昔に比べ、飼育環境・栄養素やバランスが

よくなったこと、医療の進歩、予防などによる

寄生具合が悪くても

愛犬は喋れませ虫の減少によって

平均寿命も延びています。







Category: 犬の健康

犬の生活習慣の予防対策は?その6


住まい室内飼育と室外飼育と様々だと思いますが、

最初にトイレに対して配慮をしましょう。

もしも病気があるのであれば、

獣医と相談しながら食生活を改善して下さい。

食べる量が少ない、食欲にムラがある時は、

分量を少なく、回数を増やすとか、

匂いで食欲を増加させることも有効です。

食べることは健康を維持することに大変有効です。

着るもの寒さ対策以外では、ほとんど介護に

密接になってきます。また室内飼育の場合は、

滑りやすいフローリング、ケガが多くなる階段、

段差やカドにぶつからないような配慮も必要です。


現在は多種多様なものが出ておりますので、

使いやすいものを選んでみてください。

そのためにカロリーを少なくする必要が出てきます。

これは非常によいことですが、味付けを濃くせずに、

塩分なども控えてください。犬の生活習慣から

考えてみましょう食生活高齢とともに

1回の食事の量は減ってきます。









Category: 犬の健康

犬の生活習慣の予防対策は?その5



最近は家庭で手作りのご飯を

作る方が増えています。

室内の場合は、なるべくトイレを

近くに持ってくるとか、散歩時で

排泄をする習慣であれば、

散歩の回数を増やすとかが必要です。

運動量ハードな運動は無理ですが、

散歩などの定期的な運動は必要です。

また高齢になると自分から引き返したり、

雨の日は外へ出るのを嫌がったりすることも

出てきますが、犬の健康状態にあわせて、

無理強いしないようにしましょう。

室外飼育の場合は、

暑さと寒さの対策をしてあげてください。

ドッグフードもシニア用にして、

栄養が片寄らないように注意して下さい。








Category: 犬の健康

犬の生活習慣の予防対策は?その4

運動量によって、内臓や筋肉など老化を予防したり、

外の空気を吸って、ストレスがなくなることもとても大事です。

もしも病気があるのであれば、

獣医と相談しながら食生活を改善して下さい。

そのためにカロリーを少なくする必要が出てきます。

特に暑さや寒さ、水分の補給には注意して下さい。

犬の生活習慣から考えてみましょう食生活高齢とともに

1回の食事の量は減ってきます。年齢によって

室内飼育に変更したり、家族の目につきやすい場所に近づけたり、

夜は玄関の中に入れるなどの工夫もとてもよいことです。

肥満による生活習慣病に注意することが大切です。

お天気を見ながら、負担にならないように、

気分転換をさせてください。

運動量ハードな運動は無理ですが、散歩などの

定期的な運動は必要です。

また室内飼育の場合は、滑りやすいフローリング、

ケガが多くなる階段、段差やカドに

ぶつからないような配慮も必要です。








Category: 犬の健康

犬の生活習慣の予防対策は?その3


着るもの寒さ対策以外では、

ほとんど介護に密接になってきます。

住まい室内飼育と室外飼育と様々だと思いますが、

最初にトイレに対して配慮をしましょう。

これは非常によいことですが、

味付けを濃くせずに、塩分なども控えてください。

ドッグフードもシニア用にして、

栄養が片寄らないように注意して下さい。

室外飼育の場合は、
暑さと寒さの対策をしてあげてください。

室内の場合は、なるべくトイレを近くに持ってくるとか、

散歩時で排泄をする習慣であれば、

散歩の回数を増やすとかが必要です。

食べる量が少ない、食欲にムラがある時は、

分量を少なく、回数を増やすとか、匂いで食欲を

増加させることも有効です。

最近は家庭で手作りのご飯を作る方が増えています。

食べることは健康を維持することに大変有効です。

また高齢になると自分から引き返したり、

雨の日は外へ出るのを嫌がったりすることも出てきますが、

犬の健康状態にあわせて、無理強いしないようにしましょう。


現在は多種多様なものが出ておりますので、

使いやすいものを選んでみてください。

色々工夫をして見るのが良いと思います。






Category: 犬の健康

犬の生活習慣の予防対策は?その2


高齢になると自分から引き返したり、

雨の日は外へ出るのを

嫌がったりすることも出てきますが、

犬の健康状態にあわせて、

無理強いしないようにしましょう。

運動量によって、内臓や筋肉など老化を予防したり、

外の空気を吸って、ストレスがなくなることもとても大事です。

室外飼育の場合は、暑さと寒さの対策をしてあげてください。

お天気を見ながら、負担にならないように、

気分転換をさせてください。

これは非常によいことですが、味付けを濃くせずに、

塩分なども控えてください。着るもの寒さ対策以外では、

ほとんど介護に密接になってきます。

食べることは健康を維持することに大変有効です。

運動量ハードな運動は無理ですが、

散歩などの定期的な運動は必要です。

特に暑さや寒さ、水分の補給には注意して下さい。

肥満による生活習慣病に注意することが大切です。







Category: 犬の健康

犬の生活習慣の予防対策は?その1


犬の生活習慣から考えてみましょう

食生活高齢とともに1回の食事の量は
減ってきます。

年齢によって室内飼育に変更したり、

家族の目につきやすい場所に近づけたり、

夜は玄関の中に入れるなどの工夫もとてもよいことです。

ドッグフードもシニア用にして、

栄養が片寄らないように注意して下さい。

そのためにカロリーを少なくする必要が出てきます。

住まい室内飼育と室外飼育と様々だと思いますが、

最初にトイレに対して配慮をしましょう。

また室内飼育の場合は、滑りやすいフローリング、

ケガが多くなる階段、段差やカドに

ぶつからないような配慮も必要です。

色々工夫をして見るのが良いと思います。

最近は家庭で手作りのご飯を作る方が増えています。

現在は多種多様なものが出ておりますので、

使いやすいものを選んでみてください。

もしも病気があるのであれば、

獣医と相談しながら食生活を改善して下さい。

室内の場合は、なるべくトイレを近くに持ってくるとか、

散歩時で排泄をする習慣であれば、

散歩の回数を増やすとかが必要です。

食べる量が少ない、食欲にムラがある時は、

分量を少なく、回数を増やすとか、

匂いで食欲を増加させることも有効です。









Category: 犬の健康

犬のサプリメントのおすすめは ? 2


また健康回復の場合安易に人間用のものを

与えると良くなるどころか、

悪くなるケースもあるようです。

健康維持もともと健康ですが、

予防や維持を目的とするものですね。

必要な栄養素や代謝などが異なるので、

やはり犬用のものがベストでしょう。

サプリメントは栄養補助食品のことです。

免疫力が向上しただけの話ですね。

慢性の病気は自分の力で治すもので、

医師はそれを手助けしているだけに過ぎません。

慢性疾患、がんや生活習慣病、免疫不全による

原因の疾病・薬による副作用・体力低下などは、

効果が期待できるケースが結構あるのです。

この目的では、犬専門のサプリメントで、

出来れば吸収しやすい液体のものや、

天然な成分、食品データのみならず免疫力の向上に

関する試験データが必要です。

犬の自然回復力はもともと強いのですから、

サプリメントで免疫力が向上した場合は、

投薬で治癒しないものでも、時間がかかりますが、

自然に良くなっていきます。健康回復薬で効果が

でない場合や治療の補助を食品でという考え方があります。

どちらも目的にあわせると良いのでしょうが、

人間用のサプリメントをそのまま与えるのは良くないです。







Category: 犬の健康
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。