スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の脱毛対策は ? その2


皮膚の病変が起こると、

毛の成長低下による脱毛や色素沈着、

顔がむくんだりします。原因は自己免疫による

甲状腺破壊や原因不明の特発性甲状腺萎縮です。

また寄生虫などにも感染しやすくなります。

ただ比較的目立たない病気と言うか、

他の大きな病気の影に隠れている状態が多いです。

診断としては血液中の甲状腺ホルモンを測定します。

ほとんど他の病気の影になってしまいますが、

もし併発する病気がない場合、数日から数ヶ月で

健康状態が良くなります。

甲状腺ホルモンの低下は多くの臓器にも影響します。

甲状腺機能低下症の95%は原発性です。

エネルギーやたんぱくなどの甲状腺ホルモンの

代謝がうまくいかず、低体温、無気力、脱毛、

元気がなくなるなどの症状が見られます。









スポンサーサイト
Category: 犬の健康

犬の脱毛対策は ? その1 


性別に関係なく発病します。

甲状腺ホルモン製剤を継続していれば、

回復していきます。

また甲状腺機能低下は糖尿病など

他の病気の陰で発生することが多いので

注意が必要です。他の疾患、

特に糖尿病やクッシング病などは

完治が難しい病気がある場合、

その治療と一緒に行なわれます。

糖尿病やクッシング病になると

大体が甲状腺機能低下症になります。

治療は甲状腺ホルモン製剤を飲ませることが多いです。

脱毛部位は、腹部、尻尾、首周りなどです。

甲状腺機能低下症は犬に非常に多く

見られる内分泌の病気です。







Category: 犬の健康

犬のアジソン病(副腎皮質機能低下症)とは 2


一般的には、鉱質コルチコイド製薬を与えます。

クッシング病や糖尿病に比べると発生率は低いですが、

発生すると糖尿病やクッシング病と同じように

完治は難しい病気ですので、病院と飼い主が

一緒に根気よく治療しなければなりません。

また血液中の電解質を検査して、

ナトリウムとカリウムの比率を調べます。

またステロイド約の投与を急にやめた場合や

クッシング病の治療の薬の投与などが

原因になることもあります。

アジソン病の症状としましては、

元気がなくなる、体重が減る、食欲が減退する、

嘔吐する、何となく気分が良くないなどです。

なかなか気が付かずに急激に症状が現れる場合も多く、

重い場合は命の危険があります。

また一生涯、副腎皮質から分泌されるホルモンと

似たような薬を投与します。完治が難しい病気ですので、

根気強く治療をしていきます。

アジソン病は、

クッシング病とは反対の病気になります。

副腎皮質ホルモン刺激検査なども行なわれます。





Category: 犬の健康

犬のアジソン病(副腎皮質機能低下症)とは 1


様々な種類がありますが、

犬の状態にあわせて使用されます。

アジソン病では、心臓が小さくなるので、

エックス線などで検査を行ないます。

腹が痛そうにする、水を飲む、尿が増える、

歩かなくなることや、低血圧や低血糖を起こすこともあります。

アジソン病は副腎を摘出したり、副腎皮質ホルモンが

分泌されなくなったり、副腎が出血したり、

腫瘍ができたりで、副腎皮質ホルモンの

分泌量が減ってしまうことが原因です。

アジソン病の治療は、

急性の場合、血液中のナトリウムが低下してしまいますので、

生理食塩水を静脈内に投与します。

副腎皮質の働きが低下して、

コルチゾールをはじめとする副腎皮質ホルモンの

分泌が低下してしまう病気です。

ペットの健康管理や健康維持を

意識してあげることが大切

健康維持のためにのもぜひ。

こんなワンちゃんにお勧めのが




Category: 犬の健康

犬のクッシング病とは 2


治療には副腎皮質の働きを弱める薬を

長期間投与する必要があります。

老齢になるとクッシング病になりやすいです。

がんやアレルギー、免疫不全などの病気の

治療をしているときに、

食欲が異常に高くなったり、水を多量に飲む場合には、

クッシング病の初期と考える必要があります。

脳下垂体の前葉や中葉に腫瘍ができて、それにより、

副腎皮質刺激ホルモンが過剰に作られます。

また腹が膨れ上がったり、毛が乾いたり、

身体の両側が同じように脱毛したりもします。

また副腎に腫瘍ができたり、ステロイド系の

薬物の長期間、多量に投与された場合にも発生します。

まず水を異常に飲むようになります。

特にがんやアレルギーなどにはステロイドを

長く治療する場合がありますので、その病気を

治療するための治療が、クッシング病になる原因もあります。

ストレスや肥満の犬に多く見受けられます。












Category: 犬の健康

犬のクッシング病とは 1


ステロイドが原因の場合には、

投与を徐々に少なくしていきます。

糖の代謝を助ける副腎皮質ホルモンが

異常に多く分泌される病気です。

クッシング病(副腎皮質機能亢進症)人が

この病気になるのは珍しいのですが、

最近は犬でクッシング病は非常に増えてきています。

内分泌気管でコルチゾールという代謝更新を促すホルモンを

分泌する副腎が何かしらの理由で活性化してしまい、

過剰にコルチゾールを分泌する病気です。

そのために、2つの副腎が刺激されて、

副腎皮質ホルモンが過剰に分泌されてしまいます。

尿が増えて、食欲も旺盛になります。













Category: 犬の健康

犬の低血糖症について 2


ケトアシドーシス糖尿病が長い間進行していくと、

血液中のケトン体という物質が増えて下痢や

嘔吐などの症状を起こします。

新生児の場合、大体3ヶ月くらいまでの

子犬に罹ります。


ただし、糖尿病などでインスリンの量が多すぎた場合、

蜂蜜や砂糖水などをすぐに与えて病院へ

連れていかないといけません。

ケトアシドーシスがひどくなると、

血液の成分が酸性に近づく代謝性アシドーシス、

脱水症状を併発して、生命の危険になります。

また進行するケースも多いのですが、

早く見つけると手術や放射線治療などを行ないます。


ペットの健康管理や健康維持を

意識してあげることが大切

健康維持のためにのもぜひ。

こんなワンちゃんにお勧めのが



Category: 犬の健康

犬の低血糖症について 1


子犬の場合、ブドウ糖を投与して治療します。

すい臓がんは人間も犬も早期発見が難しいがんです。

インスリンを過剰に投与するとこの状態になり、

ひどい場合、痙攣や意識を失います。

成年の場合は、食事をすると収まります。

老齢の犬に多い症状です。

検査は尿の中のケトン体を

調べればすぐにわかります。

食欲不振や元気がないなどの症状もあります。

糖尿病に罹っていて治療をしない場合などに起こりますので

早くインスリン注射や輸血により、

体内の電解質のバランスを取らなければなりません。

低血糖症は、新生児の低血糖症と成年の低血糖症に大別されます。

ひどくなると意識を失ってしまいます。

すい臓の腫瘍はほとんど、がん細胞のケースが多いです。

低血糖症血液中の糖分の濃度が、

低くなると体がぐったりしてしまいます。


ペットの健康管理や健康維持を

意識してあげることが大切

健康維持のためにのもぜひ。

こんなワンちゃんにお勧めのが


Category: 犬の健康

ペットの飼い方で共生住宅でのあり方 その 2



ペット共生住宅というのは、ただペットと

一緒に住める住宅と言うだけではなく、

ペットと人間が共に快適に住めるための

設備などを工夫した住宅のことです。

犬と暮らしていると、粗相や抜け毛や爪などで、

家の中が傷んだり臭ったりするので、

傷み難い材質を選んだり、掃除しやすい環境に
することが大切です。

また犬がコンセントや電気コードを

かじって感電したりしないようにすることも大事です。

また、いくら近所がペット好きの人ばかりと言っても、

犬の無駄吠え、フンの放置などはしないように、

マナーを守ってペットとの快適な暮らしを守っていきたいものです。











Category:

ペットの飼い方で共生住宅でのあり方 その 1



ペット飼育可のマンションでは、住居者全体が犬などの

ペットが好きというわけではないので、

不愉快な思いをしたり、気兼ねをしたりすることもありますが、

ペット共生住宅は入居者全員がペット好きなので、

ストレスなく住むことが出来ます。園芸をする場合は

犬がかじったりして中毒を起こす植物などは避けたいですね。

最近はペット飼育可のマンションなども

多く見られるようになりましたが、

それとは別にペット共生住宅という言葉も時々、

聞かれるようになりました。床なども、つるつるした床では

犬の足では滑りやすく、負担がかかって脱臼したりするので、

滑り難いクッションフロアなどにすると良いでしょう。











Category:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。