スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬のフィラリア症の対策は ? その 1


フィラリア症が進行すると、

せきをする時間も長くなります。

フィラリアの成虫は犬の心臓に寄生します。

腹水がたまります。

軽い間は、時々せきをするだけなので、

気が付かないケースが多いです。

症状は咳をし出します。

段々、散歩や運動をしなくなります。

犬に感染するとその子虫は、

2~3ヶ月の間、そのまま皮膚や筋肉、

脂肪組織で発育して血管から

心臓に寄生していきます。

それが他の犬に吸血した時に

その犬に感染してしまいます。

成虫は長さ20センチくらいの長さになります。

せきをすることで喀血をすることもあります。







スポンサーサイト
Category: 犬の健康

犬の僧帽弁閉鎖不全症とは 2


せきは空せきが多く、夜間から朝方に

掛けて多くせきが出ます。

左心房と左心室の間の僧帽弁が変化して締りが

悪くなって生じる心臓弁膜症です。

家庭で出来ることはなるべく

犬を興奮させないようにして、

長い散歩や運動を制限することも大事です。

僧帽弁が完全に閉じなくなると左心室が

血液を押し出そうとすると

本来の大動脈の方向だけでなく、

逆方向の左心室に押し戻されてしまいます。

プードル、マルチーズ、シーズー、ポメラニアン、

高齢の小型犬に多くの発病が見られます。

僧帽弁閉鎖不全症は、年齢を重ねるに

つれて進行します。

呼吸困難を起こすと、

貧血や発作が起きることがあります。

また心臓の働きが低下して、

急に不整脈や心不全を引き

起こしてしまうケースもあります。








Category: 犬の健康

犬の僧帽弁閉鎖不全症とは 1


進行すると咳が重くなり、呼吸困難になります。

最初のうちは症状が出ませんが、次第に咳が出たり、

運動をしなくなったり、元気も出ず、食欲も落ちてきます。

心臓の僧帽弁が良く閉まらない病気です。

X線や心電図や超音波なども使って検査します。

食事は塩分を控えることが重要です。

病気が重くなると一晩中せきが

止まらないこともあります。

でも、専門医の指導を受けて、

食事や運動に気をつければ、内科療法で

長生きは可能です。完治は難しいです

心音を聴診して僧帽弁の閉鎖不全の心雑音を

確認することが出来ます。

治療方法は、強心剤、利尿剤などの内科療法が主体です。

心臓だけでなく肺にも影響を与えてしまいます。







Category: 犬の健康

犬の溶血性貧血について 2


症状が重い場合には、輸血が必要になりますが、

犬の場合は人と違い、血液型が合致した血液が

用意されることは非常に少ないです。

急激に大量に赤血球が

不足してしまうがために貧血が起こります。

いきなり元気がな九なり、運動を嫌がり、

食欲不振、嘔吐などの症状が出ます。

自分の免疫機能が、自分自身の

赤血球に攻撃をしてしまう病気です。

溶血とは体内の赤血球が壊れて

溶けてしまうことを言います。

軽い場合は改善されます。

赤血球が足りなくなって、

貧血が起こります。














Category: 犬の健康

犬の溶血性貧血について 1


貧血が重いケースでは、呼吸困難が起こります。

原因が判らないだけに貧血の

改善が出来ないことも多くあります。

自己免疫性溶血性貧血は、

症状が急に現れることが多いです。

貧血の度合いや黄疸の程度を調べる必要があります。

貧血が起きるとそれに関連する症状が起きます。

目の結膜や朱肉の色が白色に変化したり、

黄疸が出たり、尿に血液が混じったりします。

免疫の異常の病気ですが、

身体の中に赤血球に対する抗体ができて、

それを破壊してしまいます。原因は判っていません。

治療方法としては普通は内科療法を行います。

治療の前には必ず血液検査を行います。











Category: 犬の健康

犬の先天性心臓病とは その2


症状が軽い場合には薬や食事などの治療になります。

心室中隔欠損症心臓の右心室と左心室の間の壁に

穴や隙間が空いている病気です。

フィラリアに感染すると重篤になりますので

予防に注意する必要があります。

症状が軽い場合は、

気が付かないケースがほとんどです。

小さいものは症状が出ないことがあります。

先天性心臓病先天性の心臓病を持つ犬は多くはありません。

治療は手術になりますが、

犬の健康状態や年齢などで手術のリスクは高くなります。






Category: 犬の健康

犬の先天性心臓病とは その1


そのために、対症療法や内科療法なども行なわれます。

動脈管開存症本来閉じるはずの動脈が閉じない病気です。

呼吸困難や腹水、四肢のむくみなど、

心臓病特有の症状が出ます。

肺に負担がかかるので呼吸器系の

病気にもなりやすいです。

肺動脈狭窄症肺動脈の根本が狭いので、

心臓の肥大や肺の血圧低下などが起きる病気です。

軽いときは気がつかないケースがありますが

、聴診によって心雑音が聞かれることで発見されることも多いです。

大きくなると呼吸困難や疲れやすさなどが出てきます。

無症状であれば、治療を行う必要はありません。

一生涯、無症状で過ごす犬もいますが、

重い場合には、命にかかわります。

心房中隔欠損症心臓の右心房と

左心房の間に穴が開いている病気です。










Category: 犬の健康

犬の心不全について 2


せきは最初、軽く、

運動時にだけ出るものが、

徐々に安静時にも出るようになり、

ひどいと1日中、せきをしているケースがあります。

先天的な異常や症状悪化の場合、

生命の危機になります。

心臓の弁の異常や周りの血管の異常、

心臓の筋肉の異常などが一般的ですが、

犬の場合、寄生虫のフィラリア症が

原因となることも多くあります。

病気の原因の治療をしながら、

静かに生活させることで、薬は必要になリますが、

長期間、安定した生活を送ることもできます。

呼吸困難はさまざまで、

運動時だけ出る軽いものも多くあります。

心不全はその時に関係しているほかの

病気や種類、症状などによっても異なります










Category: 犬の健康

犬の心不全について 1


心臓やそれ以外の異常が引き金になって、

心臓に血液を送り出す働きに

問題が生じてしまいます。

病気の原因にもよりますが、

治療法はまず強心剤や利尿剤で
安定をさせます。

もともと心不全は心臓が血液を送るのが

きちんとできない状態なので、

心臓病の種類によって原因は違います。

呼吸困難やせきなどの症状に

最初、気が付くことが多いです。

運動を制限したり、興奮をさせないように配慮したり、

薬を服用していく必要があります。

また安静時にも出るものや、

舌や口の中の粘膜が紫色になり、

チアノーゼになることもあります。

腹水や四肢に浮腫が出ることもあります。

心臓の負担にならないように、

食生活も留意する必要があります。














Category: 犬の健康
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。