スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の 呼吸器の病気について 1


症状は強い咳です。

マイコプラズマや細菌の単独感染であれば、

抗生物質が有効です。

単独感染なのか、混合感染なのか、

それによって軽症か重症かで判断されます。

重症になると食欲不振、鼻が出て、

呼吸困難や肺炎に
進行する場合があります。

ワクチンの摂取で、ジステンパー、アデノウィルス、

パラインフルエンザ、パルボウィルス、

これらのワクチンで接種すると安心です。

最初は、食欲もあり、元気なのですが、

段々咳がひどくなり、微熱などの発熱が起こります。

犬が多いところにはワクチンを接種しない場合、

いかないほうが賢明かもしれませんね。

正式名は、犬伝染性喉頭気管炎という名前です。










スポンサーサイト
Category: 犬の健康

犬の気管支炎の対策には ? その ②


ウィルスの侵入、感染、寄生虫、などが原因ですが、

見た目が苦しそうなので、

本当に心配な病気です。他の病気と併発しているとか、

発熱や食欲がないとか、他の病気と関連があると

考えられる場合には、多くの検査をしなければなりません。

気管支炎気管支炎の原因は、

単独での特定が難しいです。

ワクチンや清潔さなどにより、

ケンネルコフ自体の発生は少なくなっています。

犬の気管支の病気と言うと、

子犬のケンネルコフが有名です。

もどすような感じで咳をしたり、

乾いた咳が多かったりします。










Category: 犬の健康

犬の気管支炎の対策には ? その ①


異物を飲み込んだりした時に、

傷が付いて、そこから細菌が入り込んだことが

原因にもなります。治療方法は、内科療法や吸引です。

少し触っただけでも痛がったり、

軽めの運動でも咳が激しくなったりします。

呼吸困難にも陥りますし、慢性になると、

環境や時間帯で咳き込む回数が非常に増えたりします。

多くは、タバコ、排気ガス、空気の汚れ、

アレルギー、遺伝、ウィルス、細菌などが考えられます。

興奮するとひどくなるので、なるべく安静にして、

空気がきれいな環境で、咳を抑えます。

気管支拡張剤、消炎剤、抗アレルギー、

ステロイドなどの処方も行ないます。

これに対して、慢性の気管支炎は老化が始まる頃から

発病する犬も多くいますが、レントゲンでは異常が

見当たらないケースも多いです。










Category: 犬の健康
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。