スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の肥満症対策は その1


特に犬は1日の大半はすることもなくジッとしたり

寝ていますので、そこに欲求不満が生じます。

空腹の日々に備えるためです。

太りすぎは予防できます。

犬が喜ぶ高カロリーを与えすぎると、

寿命に関係してきます。

たとえば…肝臓、心臓などの臓器に負担がかかる。

人間も年中食物を与えますので、

どうしても肥満傾向の犬が多くなります。

年齢が上がるにつれて、

太り過ぎとやせ過ぎに注意します。

欲求不満をうめるために食欲が出ます。

肥満は糖尿病、心疾患などの

病気を引き起こしやすいです。


肥満予防の第一歩は、低カロリーです。

ビーフジャーキーも、甘い甘いおやつも駄目なんて…

肥満防止は食事と運動です。このため、

早く、たらふく食べる習慣があります。











スポンサーサイト
Category: 犬の健康

犬の気胸・胸膜炎について ②


胸膜炎が進行していくと、胸腔の中に液体がたまりますので、

レントゲンなどで確認しながら、この液体も取り除きます。

軽い場合は、呼吸がいくらか早いかなという程度ですが、

重くなると運動を嫌がったり、四肢を突っ張ることもあります。

胸膜は胸腔を覆っている膜をいいます。

胸の病気は苦しいから…安静が一番です。

酸素吸入など呼吸困難を解決しながら、

他の病気や他のケガなどの処置も

同時に行なっていきます。

気胸胸腔の中に空気がたまってしまう病気です。

原因は、ウィルスや細菌、ケガなどが考えられます。











Category: 犬の健康

犬の気胸・胸膜炎について ①


重い場合には、よだれや喀血がみられます。

あまり咳は出ないのですが、発熱や食欲不振で、

ひどくなると生命の危険も出ます。

軽い場合は、呼吸が速く浅くなります。

安静にして、薬などでおさまる事も多いです。

何らかの原因で、空気が胸腔に入り込んでしまうので、

肺が正常な活動が出来なくなってしまいます。

肺炎などを併発している場合、またケガで肺に

損傷を受けている場合などでも気胸になります。


胸膜炎胸の内部にある胸膜というところが

炎症をおこすと、呼吸困難になります。










犬の肺気腫・肺水腫とは その2


急性と慢性があります。

肺の中の肺胞が空気を取り込み、

異常に膨らんでしまい壊れてしまいます。

肺に水がたまってしまいますと、

酸素と二酸化炭素との交換、

吸入、排出がうまくいきませんので、


呼吸が重くなったり、呼吸困難になります。

他の病気と併発することが多く見られます。

ひどいとそのまま死んでしまいます。

重くなると呼吸困難になります。

肺水腫の場合、肺に入り込んだ水を

除去する処置を行ないます。














Category: 犬の健康

犬の肺気腫・肺水腫とは その1


僧帽弁閉鎖不全症などがあれば、

肺の中の血液がうっ血して、

循環できなくなると肺水腫になるケースもあります。

肺水腫肺の中に水がたまってしまいます。

気管支の病気が原因だったり、

急激な咳が原因だったりします。

急性の場合は、口や鼻から、よだれ、泡が出て、

呼吸困難になります。

心臓病が持病である場合も多く考えられます。

酸素吸入などが必要ですが、肺胞の損傷状態が

軽い場合は悪化させないようにします。

肺気腫肺胞が膨らんでしまい、

空気をたくさん吸い込んでしまいますので、

呼吸困難になります。慢性の場合は、

呼吸困難が続いてしまいますので、

落ち着くまでに非常に時間がかかってしまいます。














Category: 犬の健康

犬の 呼吸器の病気について 2


予防はかなり有効です。

ケンネルコフ呼吸器の感染症です。

ちょっとした、咳やくしゃみで、

広く感染してしまうからです。

特に、パラインフルエンザやイヌアデノウィルスは

非常に多く見受けられ、この2つの場合、

有効な薬は見当たりません。

マイコプラズマやウィルスが原因ですが、

パラインフルエンザ、イヌアデノウィルス、

イヌヘルペスウィルス、

レオウィルスなどの混合感染があります。

子犬によく見られますが、

免疫が落ちてくる老犬でも生じます。

非常に感染力が強い病気ですので、

犬がたくさん集まるような犬舎や環境では、

一度発生すると大きな脅威になります。












Category: 犬の健康
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。