スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の急性腎炎・慢性腎炎について その1


腎臓の急性の病気は生命の危険が

あるので要注意ですね。

急性腎炎腎臓の中の糸球体の

基底膜が何かの原因によって、

突然炎症を起こしてしまいます。

症状は様々ですが、尿の中にタンパクが

出ることが多いです。

アデノウィルスなどのウィルスに

感染すると免疫に異常が起こります。

免疫系統に異常があると

重くなってしまいがちです。

生命の危険になる病気です。










スポンサーサイト
Category: 犬の健康

犬の腎盂腎炎・腎結石とは その2


急性腎盂腎炎の場合は、元気がなくなって、

食欲も落ち、吐き気や腹痛が出ます。

慢性の場合、最初は症状が出ないんじゃよ…

実に厄介なんだレントゲンや超音波で腎盂が

広がっていることを確認します。

前立腺や尿道や膀胱など尿路の鬱滞の

原因を調べて治療します。普通は進行が

相当しないとわからない病気です。

治療は抗生物質の投与になります。

腎結石腎結石は、腎臓の腎盂に

結石ができる病気です。

ここで細菌に感染したり尿路の鬱滞が

あると腎盂腎炎になります。







Category: 犬の健康

犬の腎盂腎炎・腎結石とは その1


治療はほとんどが外科手術になります。

膀胱炎などに罹ると細菌が尿路を

さかのぼって腎盂まで進入して腎盂腎炎になります。

慢性腎盂腎炎の場合は、病気が相当進行してから

気が付くので、その場合腎不全になってしまいます。

細菌感染の場合は、尿道部分が多く、

尿に血が混じりことがあります。

腎盂腎炎腎組織から送られてくる尿は、

腎盂(腎盤)に集まります。

腎盂腎炎は重い尿路感染症です。

膀胱炎と同じ症状なので、

区別が付きにくいです。

結石は片方に出来る場合もありますが、

両方にできてしまうこともあります。

どうして結石ができてしまうのかは、

よくわかっていないのが現状です。

病気が進行すると腎臓の中のネフロンが

3分の2以上駄目になることもあり、

腎不全になることがあります。










Category: 犬の健康

犬の腎不全について ③


急性腎不全食欲不振、下痢、おう吐、

脱水などの症状が出ます。

腎臓の病気には腎臓自体に

異常がある以外にも

尋常の機能がおとろえたり、

他の部分が病気になったので、

腎臓が機能しなくなるなどの

原因があります。

治療は食事の改善です。

尿路の閉塞、心臓疾患、水分が不足して脱水症状や、

食欲不振や下痢などから、急激に悪化する場合も

ありますので、注意が必要です。

脱水症状は深刻な場合、

口内も乾燥してしまい、老廃物が体内に

大量にたまり尿毒症を引き起こすケースもあります。












Category: 犬の健康

犬の腎不全について ②


高カロリー、低タンパク、低ナトリウムの

食事が中心になります。はっきりとした症状が出ないので、

わかりにくいのですが、徐々にやせて、おう吐、けいれん、

尿毒症などになることがあります。

慢性腎不全慢性腎不全の場合、

数年かかって腎臓の機能が低下していきます。

腎機能が低下して尿として排泄できずに、

毒素が体にたまって障害を与えます。

治療方法は、高窒素血症であるかないかで

治療方法が異なります。腎後性腎不全は、

尿の排泄障害です。













Category: 犬の健康

犬の腎不全について ①


一度慢性腎不全になると腎臓が再びもとの機能に戻る

可能性は非常に少ないので、これ以上、悪化しないように

治療をしていきます。やはり、早期発見が何よりです。

腎不全の種類には、腎前性腎不全、腎性腎不全、

腎後性腎不全、急性腎不全、慢性腎不全があります。

急性腎不全になるとたんぱく質を代謝したときの

窒素化合物を排泄が出来なくなり、

血液中の窒素濃度があがりますので、
高窒素血症になります。

腎前性腎不全では、大量の出血、下痢、ショック、

やけど、心不全などで体液の喪失が起きて、

尿の生成が止まってしまいます。

急性腎不全は、適切な治療で回復の

可能性は充分あります。

腎性腎不全では、腎臓実質の障害や感染、

腎毒性薬剤服用によるものです。

何かしらの原因によって、

血液をろ過すして尿を作る

ネフロンが少しずつ壊れていき、


腎臓が機能をしなくなります。










Category: 犬の健康

犬の肥満症対策は その2


人間とともに生活している犬は運動不足になり、

食物も多く与えるので、体内のエネルギーの消費も少なく、

摂取カロリーは増えるので肥満になります。

早く、たくさん食べるのが、犬 この習性が
現在もあります。

特に老犬〈シニアドッグ〉は、

運動量が減ってきますので、

太りやすくなります。足の関節を痛める。

特に見た目でやせていると

思っていても肥満だというケースは

非常に多くありますので、動物病院で見てもらうのが

一番よいでしょう。肉食動物は、

常に、狩りが上手くいくとは限りません。

かたよる食事で、がんにもなりやすい。

毎日運動を適切に行なって、
食事の量をきちんと管理していけば、

肥満の防止はできます。

糖尿病になる。

やせ過ぎは早期発見につながります。

血圧が高くなる。








Category: 犬の健康
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。