スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の膀胱炎について その①


ある程度の数値が確認されて、

はじめて、膀胱炎と診断されます。

また排尿の姿勢を取りながら、

尿が出ないケースもあります。

特にオスとメスとでは形が違います。

膀胱炎のときの尿は、色が濃く、

血が混じったり、にごったり、
異常が見れます。

メスの尿道は大きくて短いので

感染はしやすいです。

結石は、メスは膀胱結石が多く、

特に尿路感染症のメスには

よく見受けられる病気です。

治療は、抗生物質などです。

当然に尿の回数も増えてきます。

膀胱の病気は最近などの感染症、

結石などが多いです。尿を検査すれば、

白血球の数値で診断できます。

細菌の感染が増えると、悪化して、

腎臓の病気になるケースもあるので、
注意が必要です。








スポンサーサイト
Category: 犬の健康

犬の 尿路結石症とは その②


メスの場合は小さな結石は流れ

出ることが多いので、大きな結石がある時に

症状が出てきます。結石は食事のミネラルが

主として生成され、そこに細菌感染、水分、尿の中で

の成分増加、代謝異常などが関係していきます。

メスよりも尿道が狭いオスに多く見られます。

腎臓、膀胱、尿道、尿管のどれかに結石が生じます。

これが、痛いんだほとんど多くは、

膀胱と尿道に発生します。

一番多いのは、膀胱結石です。










Category: 犬の健康

犬の 尿路結石症とは その①


尿路感染を起こしやすいメスに多く見られます。

尿が出ない、ぽたぽた落ちるていどであれば、

この尿道結石が疑われます。

他には腎臓結石、尿管結石、尿道結石などがあります。

ひどくなると膀胱破裂や腎不全をおこします。

膀胱炎よりも出血が多く、尿がコーヒーのような色を

する時もあります。

膀胱結石細菌感染の膀胱炎が

原因のひとつと考えられています。

病院で結石を取り除かなければなりません。

大きい結石の場合は、手術で除去します。

結石の場所によりますが、

尿道に石が停滞すると排尿ができず、

日に日に苦しんだり、痛んだりしながらも尿が

出なくなります。

尿道結石膀胱や腎臓から

流れ出た結晶が尿道に詰まります。






Category: 犬の健康

犬のネフローゼ症候群・水腎症について その②


水腎症水腎症は、何かの原因で、

尿が輸尿管を通りにくくなり、腎盂に尿がたまり、

お腹が腫れたように、腎臓が大きくなります。

先天的な疾患であるケースもあります。

また食欲不振、むくみ、元気もなくなります。

ネフローゼ症候群症候群というのは、

ある種の症状が出るものを

全てこういう呼び方にします。

尿中にたんぱく質が出るというケースが多く、

血液中ではたんぱく質が減ります。








Category: 犬の健康

犬のネフローゼ症候群・水腎症について その①


原因は糸球体の基底膜があらくなり、

大きな分子も素通りしてしまいます。

ほとんどが、関連している病気があるとかです。

まずは原因の病気を探して、

その治療をします。糸球体の病気、糖尿病、

白血病、中毒、心不全、アレルギーなど

基底膜の透過に異常が起きる病気には、

ネフローゼ症候群を引き起こす危険性があります。

後天的な場合は、結石などが原因です。

血液中のコレステロール値も上がっていきます。

ネフローゼが重いと命にかかわります。

腎臓の療法に水腎症が生じてしまうと、

早く腎不全になります。

ネフローゼ症候群自体の治療は、

利尿剤、ビタミン剤などです。






Category: 犬の健康

犬の急性腎炎・慢性腎炎について その3


加齢とともに腎臓の機能がおとろえて、

慢性腎炎になっていきます。

そうなると腎臓からの窒素化合物を

うまく排泄できなくなります。

また血液の透析など

腎不全と同じような処置を行ないます。

突然腎不全のようになります。

ひどい場合には、慢性腎不全になります。

治療は、輸液を行ないます。

軽い場合は、食欲や元気がない、

嘔吐や脱水症状なども出てきます。

ほとんど犬は細菌などの感染の場合、

症状が軽くてすみます。

ひどいと高窒素血症になります。









Category: 犬の健康

犬の急性腎炎・慢性腎炎について その2


ひどい場合には、血液中のタンパクの濃度が低くなり、

ネフローゼ、尿毒症を引き起こすことがあります。

脱水症状に対して、水分補給をする意味があり、

血液中の高窒素化合物を取り除くことにもなります。

慢性腎炎慢性腎炎の場合、

あまり症状としては出てきません。

老齢の犬には非常に罹りやすい病気です。

また毒性のあるものに中毒を

起こした場合にも異常が起こります。

痙攣や尿毒症の症状が出てきます。









Category: 犬の健康
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。