スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の寿命について その②

犬も人間同様に、

長寿化が進むことは間違いないようです。

今は、ほとんど上記の病気はないようですね。

人間社会と同様に、

高齢化になると避けられない病気、

がん、糖尿病、心疾患なども増加傾向です。

原始時代は、その位だったそうです。

兆候は、4、5歳くらいに、

走っていて急にバッタリ倒れて

すぐ起き上がったり、咳をしたりです。

これは、医療の発達、食生活の向上、

住む環境が良くなった事などがあげられています。










スポンサーサイト
Category: 犬の健康

犬の寿命について その①


小型の犬は、生後1年で人間の15歳、

2年で24歳、5年で36歳、

7歳で44歳位になりますね。


何と言ってもフィラリアです。
でもデータ上は、大型犬ほど、短命です。

犬の体重は、相当種類によって幅があります。

どこかで犬が発病すると、

あっという間に広まり

致死率が高かったように記憶しています。

獣医もこれらの病気には、

ほとんどなすすべがなかったです。

科学、医療の発達により

現代は長生きになりました。

人間は体重だけで判断すると

30歳以下の寿命だそうです。








Category: 犬の健康

犬の食・おしっこ・うんちの変化について その②


おしっこ・うんちの変化

たびたびおしっこをしたくなる

おもらしをする

排便のポーズを取るが

なかなかでないトイレ以外の

部屋でも排泄をするようになった

うんちの変化・尿が全然出ない

尿が少ない・臭う

尿が目の前を横切るものに反応しない

排便に血が混ざる

おしっこやうんちが部屋の

あちこちでするようになった。

異常があったらすぐに

病院へ連れていってください。









Category: 犬の健康

犬の食・おしっこ・うんちの変化について その①


早期発見が大事

食の変化・好きなものを残したり

食が細くなる・食欲が異常に増える肥満になる

食べるスピードが遅くなるかたいものが

食べにくそうになった味や臭いの

薄いものに興味をしめさなくなる

ドッグフードはやらかくしてね

注意したい食の変化

歯が臭う、グラグラする

食べたものを吐く食べようとしていたが、

思うように食べられない

急に食べなくなる

食べても食べても催促する

食べるわりに痩せている

食がよいけれど消化不良が多い











Category: 犬の健康

犬の急性胃炎・慢性胃炎 その②


毒性のあるものの場合、

生命の危険があります。

内視鏡で胃の内部を見ると原因が判ります。

食欲や体重が減少したりもします。

原因も様々です。

ひどいと出血、

脱水症状で命の危険があります。

慢性胃炎たまに気が付くと

よく吐いているなどの症状が出ます。


急性胃炎胃の粘膜に炎症が

起きてしまう病気です。

これは胃の粘膜に慢性的な

炎症や異常が見られる病気です。

腫瘍は外科手術がありますが、

それ以外では、薬などが多いです。









Category: 犬の健康

犬の急性胃炎・慢性胃炎 その①


吐くのは、辛いです腫瘍によるものなのか、

急性胃炎から慢性胃炎になったのか、

胃潰瘍などかです。水をたくさん飲みながら、

何度も吐くという症状が出ます。

出血している場合、

血液がどのくらいなくなっているのか、

また毒性のあるものならば、

植物か中毒の原因を調べます。

毒性のあるもの、腐ったもの、

異物などで急性胃炎になることが多いです。

体内からどんどん水分が失われてしまいます。

治療は、原因を把握することで、

はかせてよいものか、

吐かせる途中で臓器を

傷つける可能性があるかなどがわかります。








Category: 犬の健康

犬の膀胱炎について その②


膀胱炎水をたくさん欲しがるようになります。

オス、メスによって注意しなければならない

病気があるわけですね。尿道には細菌が

いつも存在しています。

膀胱炎は、腎臓から尿道までの尿路に、

炎症が起きています。膀胱炎はメスのが多く、

これは、尿道が短いために、

オスよりも起こりやすいのです。

逆にオスは尿道が細く長いので、

細菌など感染は少ないのですが、

尿道結石などは多く見られます。








Category: 犬の健康
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。