スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の糖尿病の症状について

水を多く飲む
すぐ疲れるようになる

多食の割に痩せてくる
視力が落ちたり、白内障になる

運動不足や若い頃からの食べ過ぎ、
肥満に注意が必要です。

昔はぜいたく病といわれていて、
運動不足や過食の人に出やすい病気です。

病院で決められたインスリンの量を
毎日注射しなくてはいけません。

すい臓からはインスリンと
呼ばれるホルモンが分泌されています。

遺伝的な体質もありますが、
ほとんどの場合、過食、肥満が原因で、
すい臓が弱まっていることが原因です。

糖尿病は、肥満や過食で、
インスリンを多く使いすぎたために、

血液中に糖が多くなり、
血管や内臓や目などの症状、

合併症が心配になります。

尿を検査すると必ず糖が出るので、
糖尿病という名前が付いています。

血糖値をコントロールする
インスリンが不足してしまう病気です。

このホルモンは、身体の細胞が糖を吸収したり、

肝臓や脂肪やたんぱく質を蓄えるのを
助ける役割をしています。

犬の生活習慣病と言われていますので、
長期の肥満などを見逃さないようにしましょう。

糖尿病の治療は、
インスリンの注射になります。

この病気も発病すると完治が難しいです。

何かの理由でインスリンが足りなくなると
細胞は糖を吸収しにくくなり、色々な病気になります。

普段の予防が大切です。






スポンサーサイト
Category:

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。