スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の老化について

PC280016.jpg

まだまだ元気に走り回っている姿からは
想像がしにくいかもしれませんね。

肥満気味
散歩中に動きが鈍い物にぶつかる寝ている時間が

長くなる運動を少しずつ嫌がるようになってきた

目が白っぽい体にしこりがあるの様子から
老化なのか、病気なのかを判断する必要がでてきます。

年齢とともに運動能力が落ち、
好奇心も少なく落ち着いて、

食事の量も消化力も徐々に減り、
疲労回復が遅く、睡眠も多くなります。

食生活の肥満防止も忘れてはいけません。


そして、がん、糖尿病、肥満症など
生活習慣病が、身近になってきます。

ずっと元気で健康であなたの愛の栄養管理に。




老化とはなんでしょうか?
生は永遠ではありません。

体内では、免疫力が落ちますので、
普通の生活をしていても、老化は進みます。

寒さ暑さの温度変化の環境も大切です。

健康で長生きをさせるのは、
飼主の心がけで充分できます。

も7歳くらいになると、
老化が始まってきます。

老化は病気ではありません。
平均寿命をは伸びて、長生きな時代になりました。

いつも側にいることで、
いち早く異常に気がつくことも多いのです。

さびしさ、不安さ、ストレスをかけないことです。






スポンサーサイト
Category:

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。