スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の治療について 1

P5240087.jpg



治療は病気の状況、親切な獣医の複数の意見、
その犬の体力、治療の効果、リスクや予後、
再発率など様々な角度から一番良い選択をして下さい。
悪い腫瘍は取った。

がんは、進行状況、治療への効果、
リスク、予後などを認識するかしないかが大変重要です。
けれど愛犬は死んでしまった
犬の場合、人間のような情報公開も無く、
インフォームドコンセントや
セカンドオピニオンなどもまだまだという状況です。

犬の自然回復力は人間よりも強いです。
慢性の持病がある、複数の疾病がある、
原因が良くわからないが回復しない、
こういう病気の治療は、ほとんど対症療法が中心になります。

がんに罹っても長生きする犬もたくさんいます。
がんは現在、外科療法・放射線治療・抗がん剤治療の
三大療法で治療されます。

死にいたる病の代表は、がんです。
早期発見や手術のしやすい部位であれば取り、
そうでなければ、放射線や抗がん剤になります。


またこれらを組み合わせる事も多いです。
良かれと思う事が、違う結果になるケースもあるわけで。

つまり、取り敢えず症状をやわらげるわけですが、
急性の場合は効果があっても、
慢性疾患は完治にはなかなか到りません。
ただ免疫細胞ががん細胞を殺すので発病しないのです。

家族にがん患者がいる人とそうでない人とでは、
知識による治療選択の差が大きいと感じています。
生活習慣病など慢性疾患は、
現在、ますます増えていますが、
治りにくくなっているのが現状です。

がんはがんと免疫で記載した通り、
どんな人間にも生じます。
ゆるやかに症状が続いているものを、
より強力な薬で急速に完治を目指す事は無理があるからです。

でもこれらの療法は人間に比べると当然ですが、
かなり遅れていますし、
その治療を選択したがために寿命が短くなる事も
実際は多くあります。
それが高齢やストレスや食生活などで
がん細胞が勝つと、増えつづけます。

特に老犬の場合は重要なポイントです。
慢性疾患の場合、上手に治療を選択する必要があります。

老犬の治療で、気をつけないといけない部分があります。


ずっと元気で健康であなたの愛犬の栄養管理に

スポンサーサイト
Category:

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。