スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老犬の運動と介護 1



好奇心が減って、自分からUターンしたり、
の状態がわかってくると健康にもつながりますね。
くるしそうだ。よろよろしている。

再チャレンジしても成功しないと、
無理はしなくなります。

こんなときは、充分に休んでの状態を見ながら、
すぐに病院へ行きましょうね。

の性質にもよりますが、

今まで出来た事ができなくなると

ショックを感じるようですね。

たとえば、簡単に飛び越えることが出来たのが、
ある日失敗します。ぜーぜーしている。

炎天下や寒い夜などは避けながら、
散歩の時間も考えてください。
また、の様子にも注意しましょう。

飛び越えられん…散歩も無理が出来なくなります。
も体力が落ちてきたことを自覚するようです。


いたわり・気配りはどんな状況でもできるだけ

我慢をしてしまいますので、

なるべく気配りをしてください。

それが、いつかあなたが貸す側になって

喜ぶ人が必ずいるからです。


家族であったり、獣医であったり、
他の誰かの力であったり、ネットであったり…
いつでも応援している人が必ずいますから

人間の場合、
介護保険があります。
人間の介護保険要支援日常生活が
できるが虚弱要介護
入浴等に困難を伴う要介護
自力で起き上がりが困難要介護
食事や排泄にも介護が必要要介護
重度の痴呆などを伴う要介護


最重要の寝たきり残念ながら、
犬に付いては全てが自己負担です。






WS000045.JPG

スポンサーサイト
Category:

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。