スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンちゃんの喜ぶディケア方法

P5240080.jpg


入浴に比べて体に負担のかからない
ブラッシングは、頻繁に行うようにしましょう。

刺激の少ない背中から始めて、
徐々に敏感なところにブラシをかけるようにすると
ワンちゃんも喜びます。

皮膚の表面を適度に温め、
ボディタオルで拭いてあげながら

やさしくマッサージすれば、ワンちゃんの血行も良くなり

リラックスやリフレッシュ効果も期待できます。

老犬は皮膚が弱くなっているので、
ブラッシングの際はソフトタッチを心がけて。


ブラシを入れる時に愛犬の体を触ることは
健康チェックに役立ち、

スキンシップも図れてお互いの絆を
深めることにもつながります。

若い時と違って老犬になった場合は、

これまで以上に素早く、
やさしく、丁寧にを

モットーにしてください。

体力が落ちているワンちゃんには

シャンプーも体の負担になることがありますから、

十分に注意しながら行います。

歳をとって代謝も悪くなったら、

ブラッシングや入浴は控えめにしましょう

そんな風に考えるのは間違いです。


体を常に清潔に保つことは、

何歳になってもワンちゃんが

心地よく暮らすためには必要なこと。









スポンサーサイト
Category:

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。