スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の暮らしやすい環境とは?

WS000004.jpg


すき間に入りこんで出られなくなる
可能性もあるので、

ワンちゃんが入れるすき間を作らないよう
家具の配置にも配慮を。


段差のある場所や階段では落ちて
ケガをすることもあるので、

万が一に備えてを取りつけると
安心です。

ワンちゃんが大好きなソファなどには、

スロープ状のものを設置して、
負担をかけずに

上れるようにしてあげましょう。
家具の配置を覚えていて、

記憶を頼りに行動したりもするので、
なるべく配置を換えないなどの配慮も大切です。

「最近動作がゆっくりになった?」

「いつもの階段、歩きづらそう?」

老化は通常徐々に進行するので、
その前兆を捉えることが重要です

老化によって痴呆の症状も出てくると、
特に後退することが苦手になります。

すべりやすいフローリングの床には、

コルクマットやじゅうたんを敷いてあげると
足腰の弱ったワンちゃんにもやさしく

歩きやすくなります。老化のサインが見られたら、
ワンちゃんの状態に合わせ

できる範囲で住環境を見直してあげましょう。

視力が弱くなってぶつかりやすくなるため、
家具の角には緩衝材をつけると良いでしょう。

老いた愛犬が快適に過ごすために、
このような生活環境の工夫をしてあげたいものですね。







WS000043.jpg

スポンサーサイト
Category:

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。