スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の熱中症・熱射病について

WS000030.jpg


意識がない場合、

水に頭が入らないように注意しながら、
体温を下げて、人口呼吸やすぐに
病院へ連れていってください。

特に頭を冷やすことが大切です。


体温がもどったら、安静にして様子を見ますが、

しばらくして体温が上昇することがあるので、

注意が必要です。とにかく熱中症は

早い段階で適切な処置を行なうかどうかで、
回復やその予後も異なります。




脱水症状を起こしたり、

41度を超えるようになると危険ですが、

まずは身体全体を冷やすことが大切です。

老犬は体温の調節がうまく出来なかったり

心疾患などの持病があると

少しの環境変化で起きるケースもあります。


高温や水不足などで、

その働きが鈍くなるとすぐに体温が高くなります。

犬の皮膚には汗腺がないので、

長い舌を出して泡・よだれを垂らして
体温を下げます。

39度までに下げてください

症状呼吸が早く、荒くなります。


放置していると血液の混じった嘔吐

下痢や痙攣が起こります。暑いのは大ッ嫌いなんです

犬の熱中症・熱射病
夏は要注意です。


熱中症になったら、換気をよくして、

水をたくさん飲ませるのもよいです。直射日光、

陽射しの強いアスファルトの上などはもちろんですが、

閉めきった室内なども高温になりやすいです。


環境がそんなに悪くなくても起こるケースは、

持病があるとか高齢であるとかは、

温度の感知が遅かったり、


対応力が弱かったりするからです。

どんどん血圧が低下していき、

呼吸困難、心不全などを起こしてしまいます。


ペットの健康管理や健康維持を

意識してあげることが大切

健康維持のためにのもぜひ

こんなワンちゃんにお勧めのが





スポンサーサイト
Category:

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。