スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

骨折について

WS000134.jpg

普通は事故をいちいち想定していませんので、

何か添え木になるものを代用して、

早く病院へ連れて行くことが大事です。

折れた骨が皮膚から突き抜けているもの
を開放骨折といいます。


一般的に骨が2つ以上になってしまうことを

完全骨折と呼んでいます。細菌に感染しないように、

清潔なガーゼなど、包帯で、巻いて下さい。


人間と同様に、激痛が伴います。

骨折した部分を皮膚が覆っているのを

閉鎖骨折といいます。


歩けない、びっこを引いている、動きたがらない、

また苦痛からパニックになったりします。もちろん、

高齢や病気で、骨が弱くなって
骨折することもあります。


外に出ているので、

細菌の感染がしやすくなります。

添え木は1本より両側に2本の方が
やりやすいと思います。

犬の骨折骨折は、

交通事故や高いところから飛び降りたり、

転落したりなどで起こります。

骨折には種類があります。



骨が皮膚から出てしまったり、

内臓なども損傷していたりするケースも
ありますので、

すぐに病院へ連れていきましょう。

添え木での注意点は、強く巻くと

血行障害になってしまい、壊死します。


常に、先端部分が冷たくないかなどの
チェックが必要です。

また若い犬はまだ骨の発達ができていないので、

枝のように裂けますが2つに分かれない

骨折を若木骨折といいます。


適当なものがなければ、

週刊誌や雑誌、新聞紙などを使用することも出来ます。

パニックがひどいようなら、まず落ちつかせてください

保定が出来ればベストですが、出来ない場合や山などで

骨折して病院が遠い場合などは、

とにかく添え木をしてしてください。


ペットの健康管理や健康維持を

意識してあげることが大切

健康維持のためにのもぜひ。

こんなワンちゃんにお勧めのが


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。