スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬のケガ・出血/止血の方法

WS000133.jpg


傷よりも少し心臓に近い部分を

包帯でしばって下さい
。非開放傷の場合、

患部に冷やしたものを当てます。


傷が大きい場合、手術になります。

ケンカによる傷は、軽いものから、

動脈などを損傷して出血が止まらないものまで様々です。


犬は、歩いてガラスで足を切りましたし、

散歩の仲間の犬は、やけどをしたり、

無事でしたが紐が外れて飛び出して車と

ぶつかったり、
話を聞くとかなりあります。

出血が止まらないような場合、

動脈が損傷していると考えられます。



開放傷はそこから細菌の感染が

しやすくなりますし、

非開放傷で皮膚の下の組織の

損傷程度によっては

危険なこともあります。

交通事故やヤケド、異物、中毒など

不慮の事故やケガは、実際かなり多くあります。


出血している場合、

患部を清潔なガーゼなどで圧迫します

皮膚が傷ついている開放傷と

皮膚が傷ついていない非開放傷があります。


今まで飼った犬では一番大きな不慮な事故は、

大型犬の小さい頃、ゴルフボールのような石を


飲み込んで手術をしたことがあります。

ただ噴出すように動脈がかなり損傷している場合、
止血しにくいです。



おう吐や下痢に血が混じる場合は、

内部出血の可能性が高いです。もちろん、

最大限の予防や防止などは必要ですが、

それでも、起きてしまうこともあります。


3~5分くらい圧迫して出血がおさまるようでしたら、
そのガーゼごと包帯で固定します。


犬のケガはいろいろな場面で起こります。


パニックがひどいようなら、

まず落ちつかせてください出血した場合は

ショックが起きたりしますので、

すぐに病院へ行きましょう。

一番多い、ケンカや切り傷について考えていきます。













スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。