スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の事故で薬品の中毒について

a1320_000180.jpg



身近にある家庭用の薬品は非常に多いからです。

犬の症状(意識や呼吸)・何を飲んだのか・どのくらい飲んだのか

会社はどこか・成分は何か・処置をしたかどうか

こういう情報を伝えて、指示を受けて、すぐに病院へ行きましょう。



殺虫剤・鉛や金属・灯油・不凍液など車関連の

製剤・防腐剤・殺鼠剤もし間違って飲み込んで

中毒を起こしたら、

とにかく動物病院へ連れて行かなければなりません。

薬品による中毒は家庭内においても起こります。



危険が多いですね日頃から、

犬がいたずらできない場所に保管するとか、

なるべく中毒症状が起きないような商品に

変えるとかで予防ができます。

もし痙攣や呼吸停止など命の危険性があるのであれば

心肺蘇生を行い、気道を確保します。


やはり小さい犬は、
いろいろなものに興味がありますので、


最初のしつけでも薬品中毒の予防になるように、

しつけを訓練することは大切です。

まず動物病院へ電話をして下さい。

毒物を飲んだということでなんでも

吐かせようとすると、

酸・アルカリ・石油性製剤などは嘔吐が原因で

さらに臓器が悪化することもあります。






ペットの健康管理健康維持

意識してあげることが大切

健康維持のためにのもぜひ。

こんなワンちゃんにお勧めのが





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。