スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の人工呼吸・心肺蘇生

PC280016.jpg


病院へ連れて行く間、

また獣医が来る間に、人工呼吸を行ないます。


その場合同時がのぞましいですが、

ひとりの場合は、心臓マッサージを
まず15回、その後人工呼吸を1~2回行います。


人工呼吸・心肺蘇生が何かの原因で

心肺停止になると、数分で死亡してしまいます。

心臓が停止しているかどうかも確認します。

意識があるかどうかは、軽く足をつねったり、

目の近くに手を持っていったりして、
の反射を見ます。

足を引っ込めたり、まぶたを動かせば、意識があります。


もし心臓が停止している場合は、

心臓マッサージを行いながら人工呼吸を行います。

1分間に100回くらい行います。



心臓マッサージ・右下に寝かせます(傷や状況にもよります)

心臓の位置を確認します(大型の場合、前足をまげたところに手を当てます。

小型の場合片手で心臓をつかむ感じにします)


素早く確実に圧迫を加えます。


その時に気道が塞がれていないかも確認します。

この時に胸がふくらむのを確認して下さい。



人工呼吸・右側を下に寝かせます。

1分間に大体15回くらい行いながら、心臓の鼓動を確認します。


まず呼吸をしているかどうかを確かめます。

の鼻に口を当てて息を吹き込みます。


口の中をのぞいて異物がないか、

また舌は引き出しておいてください。

行なわなければ、助かりませんが、

心臓が鼓動すれば、可能性があります。






ペットの健康管理健康維持

意識してあげることが大切

健康維持のためにのもぜひ。

こんなワンちゃんにお勧めのが
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。