スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬のケガでの輸送・保定について


P5240080.jpg





足は手で持ちます。

噛むようでしたら口輪も行います。

口にヒモを1~2回巻きつけた後、

首の後ろ側まで回して縛ります。

ケガや症状を悪化させないまま、

早く動物病院へ運ぶことが重要なポイントです。


座らせて行う場合は、

犬の首の下に片腕を回し、

もう片腕はお腹を押さえるようにして

身体を引き寄せます。

立ったまま行う場合は、

犬の首の下から片腕を回し、

もう片腕を胴体の下からまわして
犬の身体を引き寄せます。


ケガなどにより、
普段は大人しい愛犬も興奮状態になります。

激痛があるけれども、意識がある場合は、

痛がったりして、噛んだり暴れたりします。


あらかじめ犬を動かないように押さえていることを
保定といいます。

犬が患部を舐めたり、細菌の侵入を防いだり、

止血や添え木など、多くの役割があります。

飼い主がなだめて安心させてから
運ぶようにして下さい。

治療や検査や注射など、

犬が暴れて治療が遅れたりしないように

しなければなりません。

小型犬や中型犬と異なり、

大型犬は大変です。

口輪の方法包帯、ネクタイ、
パンティストッキングなど、

やわらかいヒモでも使用できます。


横にする場合は、
ひじで犬の方と腰を固定します。

余程しつけをされている犬でも
興奮状態になっています。


出血したり、骨折したりの状況であれば、

止血や包帯などで固定して、

なるべく患部を上にして運びます。

一人で運ぶのは難しい場合、

毛布などで複数で運ぶようになります。


毛布やシートなどに犬を入れて

複数の人が端を持って運べば

担架の代わりにもなります。


包帯などは普段経験がなくても、行ないます。





ペットの健康管理や健康維持を

意識してあげることが大切

健康維持のためにのもぜひ。

こんなワンちゃんにお勧めのが


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。