スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の散歩・外出時の暑さ対策は

WS000149.jpg




日中にワンちゃんが日陰へ自由に

行くことができるよう、リードを

長めにしておいてあげましょう。


室外犬の暑さ対策まず、

直射日光を避けることです。

気温が35~40度にもなると、

ワンちゃんは唾液が出なくなってしまい、

脱水症状を引き起こすこともあります。

路面からの輻射熱もものすごく、

熱中症の原因となります。

お出かけ前に

冷却効果のあるスプレーをかけたり、

散歩後に肉球用クリームを

塗って保湿してあげるといいですね。

日中のアスファルトは、

手のひらをつけてみるとわかりますが、

とても熱いものです!

素足で歩くワンちゃんは、

肉球を火傷してしまいます。

ワンちゃん用のハウスを木陰など、

日光の当たらない場所に移動してあげましょう。

肉急の火傷が気になるときは、流水で冷やします。

朝は7時前、夕方は7時以降になると

路面の温度も変わってきます。

夏場、一番ワンちゃんに負担がかかるのが、

お散歩をする時間です。


散歩中のワンちゃんがだらんと

舌を出し続けていたら危険信号です。

ワンちゃんはお散歩が大好きです。

外出の場合、小型犬であれば、

キャリーケースに入れて運ぶのも

いいかもしれません。

いつでも水が飲める環境を
用意してあげましょう。

屋根があっても、
ハウス内の温度はとても高くなります。

小型扇風機付のケースもあります。

夏場の散歩は早朝や日が落ちてから行いましょう。






ペットの健康管理や健康維持を

意識してあげることが大切

健康維持のためにのもぜひ。

こんなワンちゃんにお勧めのが

スポンサーサイト
Category: 犬の健康

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。