スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンちゃんの肥満について

WS000144.jpg


人間と同じように、

ワンちゃんも肥満が原因となって

さまざまな病気を引き起こします。


体重の測定は、毎日少しずつ変化していく過程で

見落としがちな変化を数値で

把握することができるため、

異変にすばやく対応することが可能です。

適正体重を把握しよう!

飼い主さんは愛犬を肥満症にしないためにも、

適正体型の把握が重要です。

適正体型はボディコンディションスコア(BCS)
などで判断することができます

飼い主さんは思いがちですが、

実際は肥満になっている子は多いもの。

定期的な体重測定によって肥満を

コントロールすることも有効です。

愛犬がぽっちゃりしていても、

愛嬌があって可愛い うちのコはそんなに
太っていないから大丈夫。

犬種や体格によって若干の違いはありますが、

5段階評価の場合「スコア3」の理想的な
体型を目指してコントロールしましょう。

この時、犬種図鑑などに記載されている犬種毎の

標準体重などは“目安”とはなりますが、

適正体重は1頭1頭違うため、体型からわんちゃんの

適正体重を判断するのがいいでしょう。

理想的な体型時の体重を適正体重として、

そこから10~15%を超える体重の増加を

異常(肥満傾向)とする場合が一般的です。


例えば、人でいう生活習慣病(糖尿病や高血圧、

心疾患、脂質代謝異常など)や免疫力の低下、

過大な体重負荷による関節炎などの一因となります。



ペットの健康管理や健康維持を

意識してあげることが大切

健康維持のためにのもぜひ。

こんなワンちゃんにお勧めのが



興味がある方はこちらをご覧下さい。


スポンサーサイト
Category: 犬の健康

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。