スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンちゃんのダイエットについて

a1180_013258.jpg


肥満の度合いが著しいワンちゃんの場合は、

運動は獣医師とも相談しながら
取り入れると良いでしょう。

また、普段から散歩をしているワンちゃんであれば、

その延長線上で運動量や負荷を少しずつ

増やしていく方法がおすすめです。

適正体重が分らない場合、

獣医師に相談すると良いですが、

現在の体型からBCS(5段階)が4ののなら

現在の体重の10~15%減、

5のなら20~30%減少を目指すのも
よいと思います。

この場合、間食を含めた1日の総食事量を

きちんと管理しなくては意味がありません。

食事量を減らすのは体重を

減らす基本的かつ最善の方法です。

目標は、理想的な体型を維持する

こととなりますが、数値として目標体重を

設定する方法が分りやすいでしょう。

そこで可能な範囲で1日の給与回数を

2回~4回に増やすことをおすすめします。

ただし、ワンちゃんが疲れたかなと

思ったら無理はさせず、休憩させてあげましょう。

目標を設定しよう。
1日に与える食事量を決めよう。


食事の与え方も一工夫食事をとることにより

消化吸収のためのエネルギーロスが発生します。

しかし肥満度の高いの場合は心臓への負担を考え、

急激な運動量の増加は避けて

散歩の距離を徐々に伸ばすなどの方法をとります。

減量効果をあげるには運動量を

増やすことも大切です。

ワンちゃんがお腹が空いた

素振りやおねだりをしても、

ワンちゃんの健康のためを思うなら、

断固たる決意を持ってコントロールして
あげなくてはなりません。

また運動は、楽しく取り組むことで

続けやすくなります。

また運動は血糖値の低い食事の

前にする方がよいとも言われます。

散歩や運動で、楽しくダイエット。

従って食事回数は多いほうが

脂肪の蓄積をへらすことができます。

愛犬のみならず、飼い主さんも一緒に

なって楽しく出来るようなスタイルが

見つかると良いですね。


長期的なスパンで考え、最終的な目標体重は

もちろん、中間目標も設定しながら行うと
達成しやすくなります。

たとえば、散歩する距離を長くしたり、

散歩中にボール遊びを入れたり、

階段コースなどを取り入れるのもよいでしょう。





ペットの健康管理健康維持

意識してあげることが大切

健康維持のためにのもぜひ。

こんなワンちゃんにお勧めのが


興味がある方はこちらをご覧下さい。




スポンサーサイト
Category: 犬の健康

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。