スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の糞尿の臭いや口臭の緩和

WS000132.jpg


老化は、有用菌減少の原因です。

内臓の動きも悪くなり、

当然、免疫力や自律神経系の働きも不活発になり、

なんとなく元気がなくなる感じもします。

腸能力が生体恒常性維持に関係しています。

その他には、口臭が緩和した、

体臭が薄らいだというものも若干ありました。

健康のキーは、腸能力腸に住んでいる100種

100兆個といわれている腸内細菌は、

毎日食物を消化し、代謝し、様々な物質に変えて

体内にとり入れています。

臭いが薄らいだという方が多いですね。

どちらかというと次の便通が良くなったとか、

宿便が出たというほうのが飼主にはインパクトがあります。

次に多いのが、糞尿の臭いが少なくなるという改善例です。

腸内環境が整ってきた証でもあるのですね。

腸の細胞と食物と腸内細菌の協働パワーで、

健康でありつづけることができるのです。

口臭は歯周病や内臓などにも関係がありますので

一概には言えませんが、

自律神経の働きが活発になれば、

体臭や肛門腺からでる分泌物の臭いも減ってきます。

後々考えてみると当てはまるというケースを

入れると87%になります。

特に腸内の悪玉菌や宿便は、

それらが出す毒素を吸収して血中に入り込みます。

体臭は、いままでたまっていた老廃物が

出尽くした場合に気がつくことが多いですね。

腸内では、有用菌と有害菌が絶えず争いをしていますが、

病気の原因になる有害な体内毒素や

老廃物が解毒・排泄されるためには、

腸内有用菌優位になることが不可欠です。

その毒素を肝臓で十分に解毒できていない時は、

体臭や口臭、便臭などがきつくなるわけです。

これは腸内環境が整いはじめているためです。

ずっと元気で健康であなたの愛犬の栄養管理に。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。