スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の生活習慣の予防対策は?その4

運動量によって、内臓や筋肉など老化を予防したり、

外の空気を吸って、ストレスがなくなることもとても大事です。

もしも病気があるのであれば、

獣医と相談しながら食生活を改善して下さい。

そのためにカロリーを少なくする必要が出てきます。

特に暑さや寒さ、水分の補給には注意して下さい。

犬の生活習慣から考えてみましょう食生活高齢とともに

1回の食事の量は減ってきます。年齢によって

室内飼育に変更したり、家族の目につきやすい場所に近づけたり、

夜は玄関の中に入れるなどの工夫もとてもよいことです。

肥満による生活習慣病に注意することが大切です。

お天気を見ながら、負担にならないように、

気分転換をさせてください。

運動量ハードな運動は無理ですが、散歩などの

定期的な運動は必要です。

また室内飼育の場合は、滑りやすいフローリング、

ケガが多くなる階段、段差やカドに

ぶつからないような配慮も必要です。








スポンサーサイト
Category: 犬の健康

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。