スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の生活習慣の予防対策は?その6


住まい室内飼育と室外飼育と様々だと思いますが、

最初にトイレに対して配慮をしましょう。

もしも病気があるのであれば、

獣医と相談しながら食生活を改善して下さい。

食べる量が少ない、食欲にムラがある時は、

分量を少なく、回数を増やすとか、

匂いで食欲を増加させることも有効です。

食べることは健康を維持することに大変有効です。

着るもの寒さ対策以外では、ほとんど介護に

密接になってきます。また室内飼育の場合は、

滑りやすいフローリング、ケガが多くなる階段、

段差やカドにぶつからないような配慮も必要です。


現在は多種多様なものが出ておりますので、

使いやすいものを選んでみてください。

そのためにカロリーを少なくする必要が出てきます。

これは非常によいことですが、味付けを濃くせずに、

塩分なども控えてください。犬の生活習慣から

考えてみましょう食生活高齢とともに

1回の食事の量は減ってきます。









スポンサーサイト
Category: 犬の健康

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。