スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の低血糖症について 1


子犬の場合、ブドウ糖を投与して治療します。

すい臓がんは人間も犬も早期発見が難しいがんです。

インスリンを過剰に投与するとこの状態になり、

ひどい場合、痙攣や意識を失います。

成年の場合は、食事をすると収まります。

老齢の犬に多い症状です。

検査は尿の中のケトン体を

調べればすぐにわかります。

食欲不振や元気がないなどの症状もあります。

糖尿病に罹っていて治療をしない場合などに起こりますので

早くインスリン注射や輸血により、

体内の電解質のバランスを取らなければなりません。

低血糖症は、新生児の低血糖症と成年の低血糖症に大別されます。

ひどくなると意識を失ってしまいます。

すい臓の腫瘍はほとんど、がん細胞のケースが多いです。

低血糖症血液中の糖分の濃度が、

低くなると体がぐったりしてしまいます。


ペットの健康管理や健康維持を

意識してあげることが大切

健康維持のためにのもぜひ。

こんなワンちゃんにお勧めのが


スポンサーサイト
Category: 犬の健康

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。