スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の低血糖症について 2


ケトアシドーシス糖尿病が長い間進行していくと、

血液中のケトン体という物質が増えて下痢や

嘔吐などの症状を起こします。

新生児の場合、大体3ヶ月くらいまでの

子犬に罹ります。


ただし、糖尿病などでインスリンの量が多すぎた場合、

蜂蜜や砂糖水などをすぐに与えて病院へ

連れていかないといけません。

ケトアシドーシスがひどくなると、

血液の成分が酸性に近づく代謝性アシドーシス、

脱水症状を併発して、生命の危険になります。

また進行するケースも多いのですが、

早く見つけると手術や放射線治療などを行ないます。


ペットの健康管理や健康維持を

意識してあげることが大切

健康維持のためにのもぜひ。

こんなワンちゃんにお勧めのが



スポンサーサイト
Category: 犬の健康

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。