スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬のクッシング病とは 1


ステロイドが原因の場合には、

投与を徐々に少なくしていきます。

糖の代謝を助ける副腎皮質ホルモンが

異常に多く分泌される病気です。

クッシング病(副腎皮質機能亢進症)人が

この病気になるのは珍しいのですが、

最近は犬でクッシング病は非常に増えてきています。

内分泌気管でコルチゾールという代謝更新を促すホルモンを

分泌する副腎が何かしらの理由で活性化してしまい、

過剰にコルチゾールを分泌する病気です。

そのために、2つの副腎が刺激されて、

副腎皮質ホルモンが過剰に分泌されてしまいます。

尿が増えて、食欲も旺盛になります。













スポンサーサイト
Category: 犬の健康

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。