スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬のクッシング病とは 2


治療には副腎皮質の働きを弱める薬を

長期間投与する必要があります。

老齢になるとクッシング病になりやすいです。

がんやアレルギー、免疫不全などの病気の

治療をしているときに、

食欲が異常に高くなったり、水を多量に飲む場合には、

クッシング病の初期と考える必要があります。

脳下垂体の前葉や中葉に腫瘍ができて、それにより、

副腎皮質刺激ホルモンが過剰に作られます。

また腹が膨れ上がったり、毛が乾いたり、

身体の両側が同じように脱毛したりもします。

また副腎に腫瘍ができたり、ステロイド系の

薬物の長期間、多量に投与された場合にも発生します。

まず水を異常に飲むようになります。

特にがんやアレルギーなどにはステロイドを

長く治療する場合がありますので、その病気を

治療するための治療が、クッシング病になる原因もあります。

ストレスや肥満の犬に多く見受けられます。












スポンサーサイト
Category: 犬の健康

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。