スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬のアジソン病(副腎皮質機能低下症)とは 1


様々な種類がありますが、

犬の状態にあわせて使用されます。

アジソン病では、心臓が小さくなるので、

エックス線などで検査を行ないます。

腹が痛そうにする、水を飲む、尿が増える、

歩かなくなることや、低血圧や低血糖を起こすこともあります。

アジソン病は副腎を摘出したり、副腎皮質ホルモンが

分泌されなくなったり、副腎が出血したり、

腫瘍ができたりで、副腎皮質ホルモンの

分泌量が減ってしまうことが原因です。

アジソン病の治療は、

急性の場合、血液中のナトリウムが低下してしまいますので、

生理食塩水を静脈内に投与します。

副腎皮質の働きが低下して、

コルチゾールをはじめとする副腎皮質ホルモンの

分泌が低下してしまう病気です。

ペットの健康管理や健康維持を

意識してあげることが大切

健康維持のためにのもぜひ。

こんなワンちゃんにお勧めのが




スポンサーサイト
Category: 犬の健康

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。