スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の脱毛対策は ? その1 


性別に関係なく発病します。

甲状腺ホルモン製剤を継続していれば、

回復していきます。

また甲状腺機能低下は糖尿病など

他の病気の陰で発生することが多いので

注意が必要です。他の疾患、

特に糖尿病やクッシング病などは

完治が難しい病気がある場合、

その治療と一緒に行なわれます。

糖尿病やクッシング病になると

大体が甲状腺機能低下症になります。

治療は甲状腺ホルモン製剤を飲ませることが多いです。

脱毛部位は、腹部、尻尾、首周りなどです。

甲状腺機能低下症は犬に非常に多く

見られる内分泌の病気です。







スポンサーサイト
Category: 犬の健康

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。