スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の脱毛対策は ? その2


皮膚の病変が起こると、

毛の成長低下による脱毛や色素沈着、

顔がむくんだりします。原因は自己免疫による

甲状腺破壊や原因不明の特発性甲状腺萎縮です。

また寄生虫などにも感染しやすくなります。

ただ比較的目立たない病気と言うか、

他の大きな病気の影に隠れている状態が多いです。

診断としては血液中の甲状腺ホルモンを測定します。

ほとんど他の病気の影になってしまいますが、

もし併発する病気がない場合、数日から数ヶ月で

健康状態が良くなります。

甲状腺ホルモンの低下は多くの臓器にも影響します。

甲状腺機能低下症の95%は原発性です。

エネルギーやたんぱくなどの甲状腺ホルモンの

代謝がうまくいかず、低体温、無気力、脱毛、

元気がなくなるなどの症状が見られます。









スポンサーサイト
Category: 犬の健康

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。