スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の心不全について 2


せきは最初、軽く、

運動時にだけ出るものが、

徐々に安静時にも出るようになり、

ひどいと1日中、せきをしているケースがあります。

先天的な異常や症状悪化の場合、

生命の危機になります。

心臓の弁の異常や周りの血管の異常、

心臓の筋肉の異常などが一般的ですが、

犬の場合、寄生虫のフィラリア症が

原因となることも多くあります。

病気の原因の治療をしながら、

静かに生活させることで、薬は必要になリますが、

長期間、安定した生活を送ることもできます。

呼吸困難はさまざまで、

運動時だけ出る軽いものも多くあります。

心不全はその時に関係しているほかの

病気や種類、症状などによっても異なります










スポンサーサイト
Category: 犬の健康

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。