スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の僧帽弁閉鎖不全症とは 2


せきは空せきが多く、夜間から朝方に

掛けて多くせきが出ます。

左心房と左心室の間の僧帽弁が変化して締りが

悪くなって生じる心臓弁膜症です。

家庭で出来ることはなるべく

犬を興奮させないようにして、

長い散歩や運動を制限することも大事です。

僧帽弁が完全に閉じなくなると左心室が

血液を押し出そうとすると

本来の大動脈の方向だけでなく、

逆方向の左心室に押し戻されてしまいます。

プードル、マルチーズ、シーズー、ポメラニアン、

高齢の小型犬に多くの発病が見られます。

僧帽弁閉鎖不全症は、年齢を重ねるに

つれて進行します。

呼吸困難を起こすと、

貧血や発作が起きることがあります。

また心臓の働きが低下して、

急に不整脈や心不全を引き

起こしてしまうケースもあります。








スポンサーサイト
Category: 犬の健康

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。