スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬のフィラリア症の対策は ? その 1


フィラリア症が進行すると、

せきをする時間も長くなります。

フィラリアの成虫は犬の心臓に寄生します。

腹水がたまります。

軽い間は、時々せきをするだけなので、

気が付かないケースが多いです。

症状は咳をし出します。

段々、散歩や運動をしなくなります。

犬に感染するとその子虫は、

2~3ヶ月の間、そのまま皮膚や筋肉、

脂肪組織で発育して血管から

心臓に寄生していきます。

それが他の犬に吸血した時に

その犬に感染してしまいます。

成虫は長さ20センチくらいの長さになります。

せきをすることで喀血をすることもあります。







スポンサーサイト
Category: 犬の健康

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。