スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の 呼吸器の病気について 2


予防はかなり有効です。

ケンネルコフ呼吸器の感染症です。

ちょっとした、咳やくしゃみで、

広く感染してしまうからです。

特に、パラインフルエンザやイヌアデノウィルスは

非常に多く見受けられ、この2つの場合、

有効な薬は見当たりません。

マイコプラズマやウィルスが原因ですが、

パラインフルエンザ、イヌアデノウィルス、

イヌヘルペスウィルス、

レオウィルスなどの混合感染があります。

子犬によく見られますが、

免疫が落ちてくる老犬でも生じます。

非常に感染力が強い病気ですので、

犬がたくさん集まるような犬舎や環境では、

一度発生すると大きな脅威になります。












スポンサーサイト
Category: 犬の健康

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。