スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の肺気腫・肺水腫とは その2


急性と慢性があります。

肺の中の肺胞が空気を取り込み、

異常に膨らんでしまい壊れてしまいます。

肺に水がたまってしまいますと、

酸素と二酸化炭素との交換、

吸入、排出がうまくいきませんので、


呼吸が重くなったり、呼吸困難になります。

他の病気と併発することが多く見られます。

ひどいとそのまま死んでしまいます。

重くなると呼吸困難になります。

肺水腫の場合、肺に入り込んだ水を

除去する処置を行ないます。














スポンサーサイト
Category: 犬の健康

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。